FC2ブログ

健康診断

 先日、健康診断を受診したが、病院職員は100%受診が義務付けられており、年1回の
大阪市保健所の立ち入り検査、所謂医療監視の際に如何して未受診者がいるのか、また
そのフォローはどうなっているのかを厳しく追及される。 病院には夜間・休日専門のアル
バイト医師とかも多数在籍するので、その人達の受診結果をも調べられることになる。 
そのため、健診をサボることは病院に多大な迷惑をかけることになるので、何が何でも受診
しなければならないマスト項目である。 私も医療監視には長年携わったので、今回は気分
が乗らなかったが、否応なく受診することにした。 歳を取ると身長が縮み一時より2cmも低く
なっているし、聴力検査も低音・高音ともに聴き取り難くなっている。 老人性難聴に近づいて
いる兆しである。 血液検査・レントゲン・心電図は結果が判らないので何とも云い難いが、
以前から不整脈とか胸に影があると云われたりもしていたので、若干結果が気になる次第で
ある。 しかし、私は月に1度の内科健診を受診しており、3ヶ月とか半年に1回は血液検査・
エコー・CT・MRIで検査をしており、普通の人よりは健康診断に注意を払っている方であろう。
病院職員は実質個人負担がなく、通常3割の自己負担分は翌月の給与で還ってくる仕組みと
なっているので、当院で受診する限りに於いては健康保険料で全てが賄える、有難い制度で
ある。 
今日は予定が全くないので、食料と日用品の買出しと頼まれ物の調達に奔走しよう。 また
アコーディオンの練習にも力を注いでみたいと思っている。

スケジュール管理

 5月も月末を迎えたので6月度のスケジュール管理を行った。 まずは仕事、火と木は
自主的出勤日なのでそれを埋め、それ以外に人権団体のイベントが多数予定されている
から、それらも埋めると当然バッティングが発生する。イベントが優先されるので、週2回の
出勤原則から火・木の出勤日をどちらかキャンセルすることになり、トータル月8~9日の仕事
日を設定する。 それ以外はプライベートタイムとなるが、月曜日はアコーディオンのレッスン
日、また第一木曜と第三木曜日は写真教室なので夜の部はこれで塞がれる。 あとは完全な
自由行動日であるが、以前は町内会の仕事が飛び込みで入ってきたが、今は会計監査なの
で年3回位しか出番はない。 この自由行動日を使って写真撮影に出掛けるケースが多いが、
6月は2日に城北公園で花菖蒲の撮影を行う予定にしている。6月4日は香雪美術館で円山
応挙展が開催されているので、それに顔出ししてみよう。6月14日は人権団体のOB会、グラ
ンフロント大阪で近大マグロを腹一杯食らうことになる。翌日は老人クラブの定例食事会、昼間
から宴会をしたあと、カラオケ大会に精を出すことになろう。 月末の6月29~30日はニコン・
すずめ会の旅行会があり、今回は金比羅さんへ出掛けることとなる。 こう見てくると、結構予定
が詰まっており、合間の日にはアコーディオン練習とか読書、また友人と一杯飲むと云うことに
なる。 まあ、健康に留意して大いに人生を楽しむことにしよう。

売らんかなー売らんかなーの商売

 昨日の業者来訪は家廻りをチェックし、最終的に各工事別に見積書を提出する段取りで納まった。
私の希望は樋の清掃だけだったが、足場が必要だとのたまい、足場に結構金が掛かるので一緒に
外壁塗装・ベランダの防水塗装もどうかと云う話になったが、この家は誰も相続せず私一代の家な
ので、あと20年もてば云うことはない。そのためには私は老体に鞭打って防水塗装もこなしているし、
樋の枯葉清掃作戦も頭に描いている。見積書を見てからになるが、当然日曜大工で実施した方が
材料費だけなので安く上がるのは目に見えている。何せ私は時間だけは捨てるほどあるのだから。
当面、ベランダの防水塗装をDIYで完成させ、併せて樋の清掃を以前考え付いた高枝ばさみで掻き
出す作業を実施すれば当面私の望むメンテナンスは終了する。また、外壁塗装も以前に実施して貰っ
た業者にお願いすれば安く上がるであろう。前回は外壁塗装とベランダの防水塗装で80万円であっ
た。それに今回の業者の提案では樋の清掃が樋の取替工事に内容が変わっている。ここまで家に
肩入れする気など全くないので、この業者とは昨日だけのお付き合いに終わるであろう。何となく
売らんかなー売らんかなーの商魂逞しさを感じる昨日の業者来訪であった。

業者来訪

 私はリゾートクラブの会員であるが、今日そのリゾート会社の社員が自宅を訪問する。
この会社の本体は建設会社であり、今回の来訪の目的は自宅の樋掃除の相談である。
我が家の裏庭側に大きなブナの木があり、秋口になると大量の落葉・枯葉が舞い、自宅
の樋が詰まることになる。先ずは樋掃除から始め、次に樋に金網を設置し枯葉が樋に入り
込まない対策が必要と考えている。私は家に金を掛けることは性分に合わないが、やはり
家は長持ちさせねばならないから、古家のメンテナンスはしっかりやらねばならない。まあ、
最終的には見積り次第となるが、そろそろ覚悟を決める必要がある。
その関係で久方ぶりに自宅に他人をあげることになるので、今日は午前中、大掃除に励ま
ねばならない。ここ1ヵ月掃除らしきことは全くしていない。片付けだけは気が向いたら実施
して来たので、私の目からするとそんなに散らかっている感覚はないが、今日は世間一般の
基準で片付けと掃除に邁進しよう。
人権団体グループ会の昼食場所も予約できたし、通路の案内標識も作成した。あとは飲み物
の準備だけであるが、これは開催真近に準備すれば問題なくことが運ぶ。何せ近くにダイエー
の旗艦店が控えているので、ここで全て用が足せるであろう。
しかし、前任者の仕事に対する姿勢には問題がありすぎる。ここ数年、動員の掛っている行事
への参加に一切協力しておらず、常に本人のみが出席している現状は、もし上層部にこの状況
が知れたら大きな問題に発展するであろう。まあ、私の段階で最低限の動員だけはこなしたいと
思う次第である。 長く仕事を続けると慣れとか許容範囲が大幅に甘くなり、楽な方に楽な方に
流れるのは人間の習性であるが、何処かでタガが外れると結果的に不本意な方向に走り出す
ことになる。この人権の仕事も私にバトンタッチして良かったのであろうし、前任者は自業自得
のツケが廻り最終的に消え去る運命にあったのであろう。

出勤日

 今日も出勤日であるが、これと云って急ぎの用はない。午後からは春季健康診断なので、
15時以降に心電図とかその他の健診を受診することにしよう。そうそう、先週の木曜日はこの
界隈の商店街の定休日で、サラメシの寿司屋で予約が取れず今日に順延している。11時頃に
店に出向き予約だけを押えることにしよう。サラメシはいつもの職員食堂である。ここには以前
の仲間である用度庶務課のメンバーが揃っているので、旧交を温めることが出来る。
花菖蒲の季節となり、大阪では城北公園が有名で、江戸系・伊勢系・肥後系と各種の菖蒲が
咲き乱れる。小さな公園なので撮影も1時間もあれば済むが、あのしっとりした紫の花弁は日本
人の究極の美を現している。江戸系は背は低いが色彩の艶やかさに富んでおり、いにしえの
在原業平が和歌に詠んだ杜若もこの様な風情であったのであろう。大阪でも捜せば花菖蒲の
名所はこのほかにもあるだろうが、ここの池の配置とか中央の浮見堂みたいな休憩所が撮影
スポットとしては最高である。予定では6月2日(月)に訪問したいが、月曜日は公的機関が
お休みのケースが多く事前に確認する必要がある。そろそろ梅雨に入り始めたが、梅雨は
アジサイの季節でもある。奈良に有名な矢田寺があり今年初めて訪問しようかと思うが、以前
鎌倉の明月院を訪問した時は来場者が多く、急勾配の坂道が続いていたので、撮影に難儀した
ことを思い出した。
今シーズンは藤の花の撮影に行き損なったので長谷寺のボタンに行こうとしたが、これは連休
中が見所だったとか、ではシャクヤクとかシャクナゲの撮影でお茶を濁そうかとも思ったが、
とっくに花の季節は終わっており、これもまた今シーズンは出遅れてしまった。来年こそ貴船の
近くにある有名な岩屋のシャクナゲ寺へ行ってみよう。

何かが違う

 今日はアコーディオンの演奏発表会、13時30分に天満橋のエルおおさかに出向いた。
昨年と同じ会場で生徒数が増えたので、多彩なジャンルのプログラムが用意されている。
しかし、何だか私の描いている発表会とは様子が異なる演奏会で、、これは聴衆に聞か
せるための選曲が主体で、聴衆に楽しんで貰うと云う意図からは少し掛け離れている。
今回、私が出場しなくて良かったとつくづく思う次第である。プロ並みの技量ならこの様な
プログラムも良いかも知れないが、アマチュアのそれ程聴衆に感銘を与えられない演奏家
にとっては、皆さんが口ずさめる楽曲を主体に演奏する方が場が盛り上がるし、各人の技量
を披露するのにも打って付けではなかろうか。去年はその様な選曲で構成されていたが、
今年は全く様相が違う。多分、先生が各人に楽曲を割り当て演奏させているのであろう。
やはり、この発表会は皆さんに楽しんで貰うのが先決ではないのか。スウェーデンの曲を
演奏したところで何の親しみも沸かないのが実情ではないのか。最後の全員での合奏も
期待外れに終わり、あれだけの人数が出場するなら、もっとクライマックスを盛り上げ、少なく
とも今回の2倍以上の演奏時間が欲しいところである。アコーディオンは本来伴奏で、脇役が
主役の座を奪い取ることは許されて善い筈がない。少なくとも歌謡曲とかシャンソンの1曲は
あっても良かったし、あるべきである。今回聞かせて貰って人に拠り才能の有無だけは聴い
ていて良く判った。私は歌謡曲路線を突っ走るので、この発表会とは路線を異にすることから、
来年の発表会も欠席することを確信した今日の演奏会であった。

今日はアコーディオンの発表会

 今日は発表会の日である。エルオーサカで13時30分より開催される。私は今回は出場しない
ので気楽に会場に乗り込めるのは良いことである。 教室の生徒の皆さんの出来栄えを鑑賞し、
私のモチベーション向上に火を注いでくれたら云うことがない。 このところ演奏に身が入らず、
去年の発表曲「パリの空の下」を演奏した時のほうが気持ちに張りがあり、演奏が充実してい
た様に感ずる。云いかたを変えれば、「パリの空の下」が当時の最終目標であり、これが演奏
出来ることで一応の達成感が得られたんだと思っている。そう云えばアコーディオンを始めた頃、
この曲を感情を込めて演奏したい夢があったが、それが叶うと次の目標を見出せなくなっている
のが現状ではあるまいか。
当面、歌謡曲路線を突っ走る予定なので、次は五木ひろしの「夜明けのブルース」に挑戦したい
と思う今日この頃である。

興亜友の会

 石油会社のOB会が18時から開催された。今回は出席者が少なく39名の参加に
留まっている。特に私が懇意にしていた人達の参加が少なく、昨年私は欠席したが、
その反動で知人達が欠席したのかも知れない。会長から高齢者が溌剌と生きるため
には教養と教育が必要だとの話があり、教養は今日用事があること、また教育は今日
行くところがあることだと教えられた。しかし、会長・副会長ともにスピーチが下手で、これ
なら私が代わりを務めた方が場が盛り上がるであろうと思われた。ただ、この会は会社
時代の偉いさんが殆ど出席していないので気楽なものである。東京の会なら元役員だら
けでかつお年寄りなので気を使うが、大阪は元所長は一切出席せず、私などでも社内
地位は上の方なので、全く気を使わないし周りにも気を使わせない心遣いで、忌憚なく
誰彼となくお話ができた。また、色んな人の消息を知るのもこの会の特権である。経理
時代の女性事務員が岸和田で料理屋のママをしている話には身を乗り出して聞き、是非
行こうと云う話しに落ち着いた。その他、経理時代のメンバーを参集して同窓会をやろうと
云うことになり、その世話人も決定したし連絡係も皆さん暇人なので直ぐに決まる。
色んな人がビールを持ってやって来るので、しこたま飲み干し、ウィスキーとかワインとの
チャンポンもあって、結構酔いが回ってしまった。今回先輩のⅠ氏が欠席したので2次会
はお預けとなったが、数年振りにタクシーで家路に着いた。飲み会のあとタクシーで帰る
のは現役の石油会社員時代以来であるから、10年ぶりか。まあ、楽しい時間を過させて
貰い感謝感激である。

石油会社のOB会

 今日は石油会社のOB会である。泉大津のホテルの宴会場で開催される。昨年は
所用があり欠席したので今回は2年振りである。いつも約40名が集合し昔話に花が
咲くが、行く前に名簿を熟読しメンバーの名前を思い出さねばならない。お話していて
名前が出て来ないほど気恥ずかしい思いはしたくはない。この会はこの2年間、亡く
なられた方の連絡がなく、皆さんお元気そうで何よりである。会長とか副会長の役員
も若手に代替わり、一人幹事だけが大きな顔をしてのさばっているが、彼が交代して
くれたらもっと気持ちが弾んでルンルン気分で出席出来るのだが。1年先輩のI氏とは
ここ一年ばかり会っていない。多分帰りに和泉府中に立ち寄り、一杯引っ掛けることに
なろう。彼は韓国通で年に何回も数人を引き連れて観光旅行しており、今日当たり旅行
エージェンシーを開いた話など聞かされるかも知れない。まあ、何と云っても歳を取ると
OB会は楽しみなものである。

今日のサラメシ

 6月のグループ会は当院で開催するので、昼食場所を用意しなければならない。前担当が
病院の隣にある寿司屋を利用しておりメンバーの評判も良いので、本日予約がてらサラメシ
に使ってみようと思っている。金額に制限があるのでチラシ寿司になる見込みだが、テーブル
の配置とかサービスあたりをチェックしたい。私は延べ10年程この病院に勤めているが、一度
もこの店を利用したことがない。その隣の喫茶店は時々来客があれば利用するが、全く様子が
判らない。メニューの種類とか金額も確認しなければならない。また、近日中に電気ポットを自宅
から運び込まねばならないし、2Lのペットボトル4本と紙コップ、簡易ドリップ式のコーヒー12袋
も準備しなければならない。そうそう、プラスティックスプーンとかマドラー・砂糖・メロディアンミニ
も購入する必要がありそうである。年に1度、開催会場が廻って来るので、この時は大変である。
そう云えば昨日、電動コーヒーミルが届いた。まだ梱包を解いただけなので使い勝手は判らない
が、セラミック刃が付いており9段階で挽きの程度を加減できる優れものである。エスプレッソは
出来ないがサイフォン用は1~3の段階で挽けば、ハワイアン・コナも美味しく戴けるであろう。
カリタ製で値段は結構したが、多分一生ものなので安物よりは高級品が相応しかろう、何せコーヒー
は嗜好品なのだから。家の中がこの様な小物で溢れかえっている状況は如何ともしがたい。使わない
大根おろし器とかもあり、片付けて見えない場所に隠したいが、本当にこのおろし器は無駄な買物
であった。へたは残るし、美味くはないし、手動でおろした方が実際速いし味も良い。これに関しては
現在セラミックおろしを使っているが、今度プロ仕様の高級品を調達してみよう。こう云うものは本当
に値段相応である。
今日も出勤日、終業後実弟宅を訪問して帰宅する予定であるが、約束の伊勢沢庵を持参するのを
忘れてしまった。腐るものでもないので、来週忘れずに持って行きたい。

続きを読む

今日の料理

 NHKの番組に「今日の料理」がある。あのテンポの良い音楽で始まる伝統の番組である。
先日はキャベツ料理と云うことで、講師の大原千鶴さんが二品か三品調理の実演をしていた。
大原さんは典型的な京美人で、老舗の料亭に生まれ育ち料理研究家として活躍されている。
料理は簡単で、玉子をとじてその中にブツ切りのキャベツを和え、フライパンで豚肉のバラを
数枚焼き、それに和えたキャベツを放り込んで焼くだけで、玉子でつないだお好み焼きと云う
風情である。キャベツとかレタスは冷蔵庫に仕舞い込んだままにして腐らせることが多いが、
この様な料理を身に着けるとキャベツの消費量が上がり、在庫整理には持って来いである。
レタスはラーメンとかチャーハンに入れるなど、それなりの使い道があるが、キャベツはその
ものずばり食する料理はお好み焼き以外見つからず、これは手っ取り早くて重宝しそうである。
昨日は云われるままにポン酢で戴いたが、今日の朝食は残り物をケチャップで戴いた。どちらも
なかなか乙なもので、簡単に食事をする場合のメニューとして記憶しておくことにする。
昨日は溜まっていた仕事を順番に片付け、道頓堀・千日前の現地研修報告も1日遅れで提出
できたし、10年前の東京での現地研修報告書もメモ書きからワードに移し変え、関係者に送付
することが出来た。交通費の精算とか出張申請、それに各種振込依頼も落ちなく実施できたが、
そのため午後からの講演会出席が叶わず、またグループ会報告も役員連中が年次総会の開催
が間近なので忙しく立ち回っておられ、そのため時間が取れず明日に持ち越しとなった。
今日、本当は藤の花を撮影に奈良まで足を伸ばしたかったが、朝から雨模様で中止せざるを得
ない。今週は金曜日に石油会社のOB会があり、日曜日はアコーディオンの発表会、私は演奏は
しないが、モチベーションを高めるために見学だけはしようと思っている。

昨日はアコーディオンのレッスン日

 昨日はアコーディオンのレッスン日、19時10分に先生宅を訪問した。先週は日曜日の
レッスン日を忘れてしまい、その前はノロウィルスで衰弱していたので、昨日は久方ぶりの
レッスンである。発表会用の課題曲を弾こうとすると今日は別の曲をやろうと云うことになり、
数か月前に練習したトルコ行進曲とロシア民謡を演奏することになった。最初は中々思い出
さず難儀したが、そのうちスムーズに弾けるようになり、昨日は左手の演奏法を詳しく教わった。
これをマスターすれば窮屈な指の動きから解消され、楽な演奏が出来るようになるそうだ。
今日は出勤日、グループ会報告と現地研修の感想文、それに諸々の申請を行わねばならない。
また、午後は連続学習会があるので、弁天町まで遠征する必要があり、忙し忙しである。
1週間ぶりに病院に来たので、何か心の中に疎外感が生じている。やはり週2回は病院に出勤
しないと働いている実感が薄れて行く様な気になってくる。この気持ちも明後日の出勤を勤めれ
ば雲散霧消するであろうが、この気持ちの整理をどうつけるかが今後の課題である。

クラシック音楽館

 昨日のETVクラシック音楽館は圧巻だった。 まず、ネビル・マリナー指揮の「ハフナー」
モーツァルトの代表作であるが、N響と相性が良いのか飽きが来ない演奏で、高尚で優雅な
シンフォニーを楽しんだ。 次のピアノ協奏曲22番は新鋭のピアニスト、ティル・フェルナーが
ソフトなタッチでドラマティックな演奏を醸し出していた。アンコールのリストの曲も田園風景が
甦るような演奏で、このピアニストの才覚を感じさせ、ブーニンよりは遥かに上を行く音楽性に
彼の将来性を見出した心地がした。今度コンサートが大阪で開催されれば是非見に行きたい
欲求に駆られた。あと、モーツァルトの交響曲39番も初めて耳にしたが、40番・41番とともに
再度聴き直したい演目である。あと付録でソプラノ歌手、アンドレア・ロストのアリアも最高だっ
た。ウィーン歌劇場のソリストとして活躍しており、あの柔らかい歌声は臓腑に訴えるものがあ
る。その伴奏者、浅野菜生子は一度拝見したことがあったが、あの強烈なピアノタッチは昨年
サンケイブリーゼで開催された、アントニーノ・シラグーサのリサイタルで演奏していた彼女その
ものであった。風貌とピアノタッチで思い出すとは私も中々の音楽通である。シラグーサは私の
一番好きなテノール歌手で、ロッシーニの「セルビアの理髪師」を演じさせればこの人の右に出る
者がいないくらい有名な歌手で、日本でも結構人気が高い。パリ・オペラ座・ミラノのスカラ座を
中心に世界を又に駆けて活躍している。昨年の2月にも東京で「愛の妙薬」を公演したが、私は
都合が悪く新国立劇場まで足を運ぶことが出来なかった、返す返すも残念である。次回は是非
鑑賞すると固く心に誓っている。

義理の妹夫婦との食事会

 昨日の16時30分に千里中央の千里阪急ホテルに義理の妹夫婦と私の長男それに私の
4名が集合した。午前中に近くの茨木まで来ていたので、同一日に同じ界隈を2回訪問した
ことになる。近くの居酒屋「甘太郎」で会食し、昨日帰国したハワイの土産話をたっぷりと
聞かせて貰った。本日、義妹の講演会があるそうで、最近著作した新刊書も戴いたので、
近日中に読み込まねばならない。また、ハワイ土産としてウィスキーとかコーヒー豆を戴い
たが、豆はハワイアン・コナで帰りに阿倍野ハルカスの近鉄百貨店で確認すると、100g
1,900円はする代物である。長男はアーモンドの大袋とクッキーを土産に貰ったが、これらは
我々親子の争奪戦であった。甥の結婚の話とか講演旅行の話を聞かされ、2月に東京の
帝国ホテルで結婚式を挙げるそうである。茨城県の方を嫁に迎えるそうで、我々の生活圏
から離れた土地から嫁入りしてくることとなる。長男は今日から鈴鹿サーキットで自転車の
耐久レースに出場すると云うことなので早めに帰宅したが、義理の妹の旦那が時差ボケの
ため睡魔が襲って来たようで、7時すぎにはお開きとなった。彼等とはほぼ半年振りで、前回
は私が接待したので、今回は奢って戴き大変恐縮している。
今日は天気も良いので、布団干しと屋内掃除を完璧に実施したい。

友人の葬儀

 11時に茨木市立斎場に到着した。ここは式場と火葬場が隣接した葬儀にはもってこいの
場所である。しめやかに読経が始まったが、創価学会方式なので3人のお大師様が南無妙
法蓮華経を唱え、信者の方がそれに合わせ大声でお経を合唱する。創価学会方式も最初は
戸惑ったが、何回も出席すると慣れたものになって来る。しかし亡くなった本人が創価学会
会員だとは仲間の誰一人知らなかった。本人も一切口にせず、不定期の飲み会を欠席した
ことは一度もない。もしかすると隠れ信者だったのかも知れないが、青年時代に北海道で
入信し、茨木の地には40年前に移り住んだが、その当時は真面目かつ敬虔な信者であった
そうである。読経・焼香と坦々と進み、お大師の挨拶・友人代表の挨拶・喪主の挨拶のあと、
お別れの儀が為されて出棺していった。人によると愛想のない葬式だとの感想もあったが、
少ない参列者としては結構心のこもった見送り方だったと私は思う。
そのあと、仲間内6名で近くの寿司屋で精進落しを私的に行い、本人を悼み個々に別れを
惜しんだ。次は誰だろうかとお互い邪推しながら、来月の旅行会の話で盛り上がった。
6月末に四国の琴平に全員参加なら9名が揃うことになる。讃岐うどんと金比羅参詣が
メインの旅行で、K氏の追悼旅行会になりそうである。

友人の訃報

 昨日の昼過ぎ、ニコン・すずめ会の幹事から連絡があり、K氏が亡くなったと云う。今日明日とお通夜・
葬儀が続くが、話によると4月の連休前に体調を崩し検査を受けると末期の肝硬変だと診断されたと云う。
即刻入院で、医者からは5月一杯持たないであろうとのご宣託、そのうち腹水が溜まりその処置後に急逝
したらしい。彼とは12年間の付き合いで、人権団体の同じ担当者としてグループ幹事職を務め、プライベー
トでも旅行・飲み会・カラオケと遊び仲間としてご一緒させて貰い、写真撮影では四季折々に京都とか万博
公園を徘徊したものである。酒好きで死因もアルコール性肝硬変と云うことで、私も同類であるので注意を
しなければならない。彼は話によると健康診断をここ数年受診していなかったそうで、病院勤めの私とは
この点が相違する。面白いオヤジでいつもくだらない話で周りを煙に巻いていた。不思議なことに彼は我々
に対し年齢詐称を貫き通した。71歳とばかり仲間内では皆がそう思い込んでいたが、実際は77歳で6歳も
サバを読んでいたことになる。なぜ詐称したのかは定かではないが、仲間内で一人突出した高齢者と見られ
るのが嫌だったのかも知れない。今友人から連絡があり、一緒に行こうと云う話になり、明日の10時半に
阪急茨木駅で待ち合わせることになった。これからはこの様な訃報が増加するだろうと思われるが、私は95
歳まで長生きする予定なので、全員を見送ってから旅立つことになりそうである。

今日は実弟宅の訪問日

 今週は3回出勤したので、今日は出勤調整日でお休みとした。木曜日は実弟宅の訪問日、
業務用スーパーを経由して訪問することにしよう。今回は特に用件はないが、身体障害者
なので定期的に様子を窺がう必要がある。家の中も散かっているので片付けと掃除もマメに
実施しなければならない。先程パソコンのマウスの調子が悪かったので、天王寺のソフマップ
で新しいマウスも購入しなければならない。最近のパソコンはマウスが標準仕様で付属して
いないので、今は古いパソコンのマウスを再利用している。それ以外には銀行で介護保険料・
自動車税・ゴルフの年会費の支払いを済ませねばならない。固定資産税は銀行引落しだから
安心であるが、このほか鳳ウィングスで食料と衣類を物色することも必要だ。
アコーディオンは発表会の参加を無理を云ってキャンセルして貰ったので、暫く練習する必要
がなくなった。当面、昔練習した山川豊の「アメリカ橋」に再度挑戦してみよう。この曲は私の
カラオケの十八番で唄は上手く歌えるが、演奏となるとシンコペーションの箇所のリズムが上手
く刻めない。何とか上手く弾きこなしたいものである。発表会がなくなると急に肩の荷が下り、
切迫性ストレスから解放された気になれる。藤の花の撮影に万葉植物園にも行かねばならない
し、暇人でも結構予定だけは詰まってくる。

グループ会

 今日はグループ会、西梅田のアバンテビル20Fの会議室へ足を運んだs。午前中は学習会、
「外国人労働者と人権」の私のレジメを叩き台にして、詳しく内容説明を行った。ここ数日、レジメ
に目を通していなかったが、私としては会心の出来であった。メンバーも良く理解してくれ的を得た
質問が際限なく為され、皆さん今回のテーマを理解してくれた様であった。最終的に誰がどの箇所
を担当するかの役割分担となり、私は本業の看護師・介護師の人権について取り纏めることに
相成った。しかしメンバーが7名もいると、業務で日系ブラジル人を雇用している人もいて、書物で
得られる知識よりも遥かに詳しい知識を披露するメンバーが登場する。しかし、私の解説も彼の
説明に相違している訳ではなく、実務的にこの様な対応を取っていると云う話で、議論に更なる
深みが増す内容であった。今日の学習会は大成功裡に終わり私の貢献度が際立つ結果となった。
その後は坦々と理事会報告が続き、16時にはグループ会を終了してしまった。早すぎるので、
その足で人権団体の事務所を訪問し、10年前の現地研修報告書を事務長にアーカイブから取り
出して貰い、それをメモ書きに筆記する作業に没頭した。この報告書は私が現在のグループに入会
した時に初めて参加した現地研修なのでよく記憶している。今年の研修も全く同じ内容の研修を行う
ので、前回の研修報告が役に立つこととなる。文章を読み込むと10年前の記憶が映像とともに甦り、
詳しく説明することも可能なレベルにまで記憶が舞い戻った。私の頭脳もそんなに損傷していない様
である。明日にでも関係者にメールを送り、10年前の担当者も真面目に現地研修に取り組んだことを
報告しなければならない。帰りに天王寺の近商ストアーに立ち寄り、夕食の牛肉のタタキを購入し戴いた
が旨くない。明日、鳳ウィングスを訪問し美味しいタタキを購入し口直しとすることにしよう。
そうそう、今日初めて京阪電車の中之島線に乗車したが、車両のドアーが1車両5扉もあり、ラッシュ時
には座席を取り払い扉にする様で、沿線人口が増加している電鉄は違うなと感じさせられた。私の長男
の家も京阪沿線に建築中である。また、今日は渡辺橋から乗車したが、全国の渡辺さんのルーツがここ
の渡辺神社にあるそうで、次が大江橋・その次が浪速橋・天神橋と続き、最後は京橋と橋の付く駅名が
5連続となる地域は全国でもそうはあるまい。これは線路が大川沿いに走っているからで、浪花808橋
が現実味を帯びる駅名である。

現地研修の報告

 今日は出勤日プラス内科検診日である。昨日の現地研修はどしゃ降りの雨の中、道頓堀と
千日前を隈なく歩き通した。真昼間にこの様な繁華街を歩くことは久方ぶりで、街の変貌を
目の当たりにした次第である。角座・中座は跡形もなく姿を消し、今風のイタメシ屋が大きな顔
をしてのさばっている。観光客は多いが殆ど中国人で、団体で色んな店を物色している。免税店
もあちこちに店を開いており、いっとき道頓堀で有名だった食堂ビル「ドウトン」も、全階フロアー
同一経営から雑居ビルとして繁盛している。食い倒れも有名なカラクリ人形は姿を消したが、何
とか細々と営業している様だ。東京で有名な「すしざんまい」の大阪店が心斎橋筋に出来ており、
今度プライベートで一度訪問したい。水掛不動で有名な法善寺も訪れたが、雨のため人通りも斑
で閑散とした雰囲気であった。安井道頓とか安井道卜の顕彰碑とかお墓も巡り、東横堀・西横堀・
道頓堀を掘削した功績に手を合わせた。意見交換会は千日前の三間堂で開催され、質素な宴会
料理を戴いたが、その店の前が精華小学校跡で、難波の一等地に広大な敷地を有していた。難波
の地も斜陽なので、ショッピングセンターとか百貨店の誘致は難しく、多分高級マンションンに変貌
するであろうと講師の先生が解説していた。昨日はビールと白ワインをたらふく戴き、心地良い
気分で家路を急いだ。
今日は明日のグループ会資料の準備と午後からは1か月振りの内科検診が控えている。またまた
主治医から不摂生につきお咎めがあることだろう。

今日は現地研修日

 今日は午後から大阪市内の現地研修日、証券会社の会議室に13時30分に集合し、そこで講師の
先生から江戸時代の非人小屋の話を伺い、道頓堀と千日前を徒歩で練り歩く学習会である。事前に
資料は頂いているので、場所の確認と現在風景との相違を身をもって感じるのが一番の意義である。
千日前は母方の祖父から、ここは刑場跡で多くの人が磔で殺された場所だと聞いていたが、明治の
初めまでその様な建物・施設は存在していたらしい。また、非人は現在の警察の様な役割を果たして
おり、下手人を捕まえる岡っ引きは全て非人組織に属し、この社会もピラミッド状の縦社会であったこ
とが確認されている。道頓堀の芝居小屋5座も河原者と呼ばれる役者で演じられており、当時の役者は
身分の低い者達で構成されていたようだ。これらを実際隈なく廻り、町の成り立ち及び発展を肌身を通し
て感じてみたい。終われば講師と共に親睦会を行い、更なるお話を受け賜る機会となろう。私は今回の
研修では役目が全く無いので気楽に参加できるが、東京の弾左衛門の研修では私がレポートを纏める
役目を仰せつかっているので、メモ魔として活躍しなければならないが、これは半年も先の話である。
残念ながら今日は午後から雨模様、傘をさしながらの研修となるが道頓堀とか千日前は本当に久し
振りである。

スーパーのはしご

 昨日は食品調達のためにスーパーをはしごした。もともと牛肉のタタキを買うため、南海グリル
の精肉店に電話したが、今はローストビーフはあるがタタキは置いていないと云う。いつの間にか
時代は変わり、以前は鉄板焼きのコックが精肉店の店長を任され、注文すると直ぐにフライパンで
焼いてくれたが、単に出来合いの物を販売する商売に転換したみたいである。多分社長の西浦さん
が引退し経営方針が変わったのであろう。西浦さんとは高石商工会議所の会合で顔を突き合わせて
いたので良く存じ上げている。このレストランチェーンは新規メニューが出来上がると、どんな料理でも
社長が味見をしOKを出さなければ商品にならない。そう云えば我が家のリビングに架かっている20号
の油絵もこの店から購入したもので、一時はレストラン8店舗・料亭・デリカッセン・精肉店・絵画・内装工事
・輸入雑貨・外車販売と手広く商売をされていたが、最近は守備範囲を狭めている様子である。
ここでタタキが無いなら堺では高島屋の精肉店に行けば必ずあるけれども、昨日は近くの鳳アリオに出向き
スーパーの下見がてら覗いてみたが、イトーヨーカドーしかなく、そこにも販売していないし、食品の専門店
が殆ど無いスーパーであった。これでは駄目なので、行きつけの鳳ウィングスに足を伸ばし、そこの精肉店
でタタキを発見した次第である。私はスーパーの大型店は専門店が入居してこそ品揃えが充実するし、その
店独自の販売戦略も見えるので、この近辺ではウィングスが私にとってのホームグラウンドの様である。
渇望していたものを美味しく戴き、私の胃袋は喜びの雄叫びを挙げている。

牛のタタキが食いたい

 体調も回復すると急に牛肉が食いたくなった。昨日から胃袋が切なく訴えている。私は牛肉では
油を削ぎ落としたタタキが大好物で、ポン酢とともに味わうのが最高であるが、やはりなま物なので
肉の鮮度と食感は重視したい。堺には宮崎県のミヤチクから産直で運ばれ販売している牛肉店があり、
そこは高級レストランも経営しているので旨い肉が販売されており、タタキは注文してからフライパン
で焼き、一口大にカットして提供してくれる。これが何とも美味で肉の旨さを存分に味わうことが出来る。
この店は大阪ではミヤチクの重要店らしく、以前は午前中からミス宮崎と準ミス宮崎の美人のお姉さん
二人がやって来てセールスキャンペーンを行っていたが、閑散とした中庭でのキャンペーンは本人たちも
さぞ辛い思いをしたことだろう。今日はここでタタキを調達し、旨い昼食としたいものである。
「外国人労働者と人権」に関しては木曜日に完成し関係者にメールで送付したが、6人中3名から感謝
のメールが届いた。来週の水曜日に人権団体のグループ会があるので、そこで概略説明し今後の方向性
を決定する必要がある。また、昨日は新聞広告でこの問題の特集記事がサピオと云う雑誌に掲載されて
いることを知ったので、早速書店で購入した。この記事はアカデミックなものでなく庶民目線で語られて
いるので、私のレジメを補完する内容として貴重な特集記事であった。そうそう、先日出勤したときに月曜日
の現地研修資料を持ち帰るのを忘れてしまった。今日か明日にでも病院に出向き、回収しなければならない。
よし、今日病院に行き、その帰りにタタキを購入しよう。タタキは今日の夕食に変更である。

日本ビル

 東京大手町の一角に日本ビルが屹立している。私が昭和47年に入社した石油会社の本社が
そのビルの12階に鎮座していた。7~9階が日立製作所の本社で11階に日本水産も入居して
いた。このビルは東京駅から徒歩5分で、地下街を通ってエレベーターホールに直結する便利な
ビルで、昭和41年に竣工し、元々は東京都下水道局の敷地であったらしい。私はここに入社
以来7年間お世話になり、大阪から戻って来ての3年と計10年間ここで過したことになる。この
ビルは昨年の人気ドラマ「半沢直樹」が勤める東京中央銀行としてもTVに登場したし、最近では
へーベルハウスのCMでもこのビルが2度も映し出されている。私はあの白いタイルを見ると即座
に日本ビルが甦る。私はこのビルを毎朝見るのが好きで、いつも東京駅から地下道を通らずに
信号を渡って、地上からビル内に入場したものである。それが何故、耐震基準が完備された高層
ビルのキャッチフレーズでCMに登場するのかその背景が良く判らない。何せ50年近く前に建設
されたビルで、今ではタイルも薄汚れ、昔日の面影は無いように思われるが、あの当時は三菱地所
のビルとしては有数のビルであったことは確かである。我が石油会社は日本ビルに移転する前は
丸の内の永楽ビルに居を構えており、ここには三菱信託の本店があったので何度も仕事で訪問した
が、ここは如何にも小林桂樹が出演するサラリーマン映画の中の一風景そのものであった。格調
高く天井も格段に高いビルで、如何にも高級サラリーマンが働く一等地であった。私が勤めていた
会社はネームバリューは無かったが、一等地に大きな本社を構え社員に高給を弾む最高の会社で
あった。
日本ビルの向かいに私が入社した頃、新日鉄が合併して設立した新日鉄ビルが完成していた。22階
建のビルで、日本で一番大きな会社と云うイメージしかなかったが、警備の厳重なビルで地階にも
1階にもガードマンが常駐し、社員章をチェックし入出門管理を行っていた。一度だけ旨く入門規制を
潜り抜け22階に到達したことがあった。そこは役員室で綺麗な受付嬢が待ち構えていたので、すご
すごと退散した記憶が残っている。その新日鉄ビルが、今では私が退職後大合併した石油会社の本社
になっており、運命のいたずらを感じざるを得ない。久し振りに大阪で日本ビルを拝見出来た事から、
思いも寄らぬ話になってしまった。。

健康の有難さ

 今日は久し振りの出勤日、ここ3週間、週1回の割合で出勤しているので、全く働いて
いる気がしない。実弟も週1日勤務とは羨ましい限りだとほざいている。今朝から体調は
万全で朝食も腹一杯食らうことが出来たし、胃痛も完全に治まり健康体そのものである。
体重は絶食の効果があって4㎏減量したが、まだ腹回りがだぶつき気味であと6㎏は痩せ
なければ本当の意味の健康体にはなれない。胃が小さくなっているので、食事量を減らし
高齢者の健康体を目指したいと思う。
昨日は「外国人労働者と人権」に関し、専門書を再度斜め読みし、最終的なレジメを完成
させた。あとは各項目にコメントを付す作業が残っているが、これも今日中に完成するで
あろう。写真クラブ用の写真のピックアップも7点を選択し、本日持って行くことにする。
会心作と云えるものはなかったが、まあ、現在の私の技量程度の写真を揃えることが出来
た。写真クラブも先月10日以来であるから久し振りの会合である。本日は終業後、直ちに
ガソリンスタンドに立ち寄り給油したのち、実弟宅を訪問し頼まれ物の日本茶6袋を手渡す
用件がある。その後、おにぎり1個を口にほう張り写真クラブの会場に直行する予定である
が、結構分刻みのハードスケジュールとなる。そう云えば親類が一昨日からハワイへ休暇に
行っている。ここ数年、毎年同じハワイ島で1週間を過ごしているらしいが、今年はロスの
叔父さんも参加するそうで御年90歳である。私も参加したかったが、宮仕えの身、なかなか
自由気儘に遊び呆けることは出来そうにない。  丁度1年前の今頃、スロバキア・チェコ・
オーストリア・ハンガリーを周遊したことを思い出した。結構思い出深い旅行で、ヨーロッパの
田舎旅はこれで十分と云う感想を持った次第である。あれからのち再就職し、海外旅行は夢
のまた夢になってしまい、旅行に行きたい意欲も失せてしまっている。もう、普通の人の旅行
先は行き尽くした感があり、ここでジ・エンドにしても悔いることは何もないであろう。暫くは
国内の温泉旅行を満喫し、あと5年間仕事に精を出そうと考えている。

体調不良が続く

 昨日は軽く昼食を摂っただけで食事を終えてしまった。食欲が湧かないのである。今迄
食欲が旺盛だった私には考えられないことで、今も食べたいとは思わない。 これは神の
思し召しで体重増を戒める神のお告げかも知れない。こうなれば食欲が湧くまで一切食事
を喉に通さないのが自然の摂理と思えるようになり、本日の予定を隈なく実行に移すことが
私の最善の道のようである。懸案は「外国人労働者と人権」に関するレジメの完成である。
専門書は2冊を読破し簡単なレジメは作成済であるが、全員で7名の理解を得るためには
もう少し内容を膨らませねばならないし、問題点を一部捨象する必要にも迫られている。この
ためには専門書を再読し、簡単な要約とわが国が取るべき方向性を明確に打ち出すことが
重要で、これをしないことには関係者の理解を取り付けることは難しい。本来なら、2日前から
取り掛かり本日は完成していなければならないのだが、ノロウィルスにやられ、やっとスタート
ラインに立ち掛けたところである。何とか今日中に完成したいものである。それに、明日は写真
クラブの例会日、100枚の写真から7点を抽出し提出する作業も併せて行わねばならない。
体調不良の中での作業となるので精神力との勝負である。
やはり高齢者となると体力の回復が思わしくなく、一晩でケロリと治る治癒力が衰えており、今後
はこの体力と向き合って行かなければならないが、本当はスポーツと云うかエクササイズに励む
のが一番であることは承知しながら、ここは勤め人の悲しい性で、実行に移せないジレンマと戦う
今日この頃である。

体調不良

 一昨日の夕食から今朝まで一切食事をしていない。飲み物も極力最小限とし常時口の中は
乾燥した状態が続いている。一昨日の午後にウィスキーのオンザロック飲んだところ、胃痛が
生じ腹がパンパンに膨張した。そのうち吐き気を催しこれが胃痛をより激しくする。何か胃痙攣
でも起こったようだ。そうこうする内に、下痢が始まりこれが1日半続いている。水を含むと下痢
が激しくなるので、極力飲まないようにし現在に至っている。病院が休みなので、診察も受けられ
ず、ネットで症状を調べるとノロウィルスの症状にぴったりである。勤め先の病院へは5/1に行っ
たきりなので、病院で感染したとは云いがたい。多分、汚い手でオンザロック用の氷を手掴みにし
た影響としか考えられない。もっと、衛生観念を持たないことにはまたまたノロウィルスを発生させ
てしまう。この影響で36時間以上ベッドに横たわっており、右肩とか背中がチクチク痛む。こちらは
寝過ぎの影響である。しかし36時間もよく寝られたものである。今朝は腹の張りも収まり、胃痛も
吐き気も生じないので快方に向かっているとは思われるが、全快するのには48時間は掛かること
なので、今日の午後まで絶食と無給水は続けたいと思う。ノロウィルスには特効薬は無く、ただひた
すら快方に向かうのを待つだけであるが、こんな思いは二度としたくない。この2日間の予定が全滅
で今日からその分を取り戻さねばならない。もう1日は絶食できそうなので、食事も摂らずに頑張って
みるか。多分、げっそり痩せるであろうが、元々が肥満体なので、まあ、3kg減量と云うところか。

七色のスペクトラム

 日本人は虹を見て七色の虹と表現するが、英語圏では6色、フランス・中国では5色と表現
されている。元々の原始色では赤・黄・緑・青の4色のみであり、それに中間色が配色されて
多くの色合いに変わることが知られている。色にはそれぞれ固有の識別言語があり、それらの
数が多ければ色合いも豊かになるのであろう。日本では青の区別で明るい青と暗い青が識別
されており、そこが英語圏と相違する箇所であるが、識別言語だけでなく、その製法の違いで
色を区別しているのが日本である。オレンジ色でも朱・緋・丹の区別が日本にはあり、その成分
が悉く違い用途も違うので、日本人は概念的にかつ視覚的に自ずとその区別がつく様である。
我々の色彩感覚はこの様な土壌の上に成り立っており、ピカソのど派手な絵画などはその民族
の伝統に培っており、その民族では受け入れ易い色彩であっても日本人の繊細さからすれば、
受け入れ難い色彩になるようだ。日本人は中間色を好み浮世絵とか掛け軸の色合いに原色を
見ることは出来ない。神社・寺院の朱色も初めは取っ付き難くても、このうち色が褪せてくると日本
の風土にしっくりくる色合いに落ち着いてくる。これで思い出すのが宇治の平等院である。藤原
頼通が建立したこの寺院は最近改修が終わりお披露目となったが、55年前にも改修し建物・欄干
等を塗り替えた経緯がある。改修前に一度訪問し、10円玉の表の図柄が目の前に広がっている
ことに驚いたが、その後学校の遠足で再訪した時は改修後で、ど派手な建築物に変わり果てていた。
多分、現在はど派手な色彩の建物が池の中に存立するのであろうが、私はいま少し時間を置いて
から見学したいと思っているが、何時になることやら。そういえば、奈良の平城京の大極殿・朱雀門
も未だ見学していない。これも完成時の朱色に染まった建物を見るのに抵抗があり、今日まで見学
する気概が起こらなかったが、あれから5年近く経過したので、そろそろ私の訪問する時期は近づい
ている様だ。 

大地震の予兆

 昨年来、深海魚のダイオウイカ・リュウグウノツカイ・メガマウス等が定置網に掛かり、
大地震の予兆かと騒がれている。漁村では村の古老がいにしえの伝承を語り、50年前、
100年前にも同様の事象が発生したとのこと、私はこの伝承を大切にしたいし、これこそ
生き字引である。発見場所は高知沖とか静岡沖なので、南海地震・東南海地震・東海地震
の発生源に近い場所で、多分海中の地層に変化が生じ、深海魚の生活環境に重大な変化
をもたらしているものと予想される。あと数ヶ月で大阪に巨大地震が来るとなると、おちおち
眠れない日々が続くであろうが、その前にはっきりした予兆、中規模地震とか火山の爆発
とか人類が目で確かめられる事象が発生する筈である。昭和21年に発生した南海地震は
ここ堺市にも甚大な被害をもたらした筈であるが、我が家の近辺の旧家にその痕跡は残さ
れていないし、寺院にもその傷跡は見当たらないところを見ると、それほど地震としては甚大
な被害をもたらさなかったのかもしれない。最近村の至る所の電柱に、海抜何mと云う表示
が為されて久しい。我が家は20m以上あるので津波に関しては一安心であるが、西面が海側
に面しており、見晴らしは良いが津波が間近まで迫る危険に晒されている。しかし、我が家
よりも低い村の鎮守さんが古い社を保存させている所を見ると、ここ数百年は浸水した経緯は
なさそうである。ことほど左様に地震の恐怖が募る今日この頃であるが、少しのエネルギーを
一寸づつ放出する地震に期待したいと思う。

新緑の季節

 我が家の庭にも新緑の季節がやってきて、若葉の薄緑が日光に映えている。花芽は全て
無くなったが、これからはカリンの実が大きくなるのを観察したい。5~6年前にカリンの大収穫
の時代があり、果実酒用の焼酎でカリン酒を製造したが、殆ど口にしなくて5年が経つ。古酒の
趣も出てきて茶色の琥珀酒に変身している。多分、旨いだろうと予想するが、なかなか飲む気に
なれない。一度アルコールの量が蒸発し追加で焼酎を加えたので、2升分のアルコールを投入
している。ウィスキーの在庫が切れたら試しに飲んでみようか。今年も私の予想ではカリンの収穫
が多く見込まれるので、再度自家製カリン酒に挑戦したいものである。
今日の予定は衣替え、冬物を整理し夏物の衣類に取り替えよう。それに付随する作業はごまんと
あるが、一つ一つ片付けたいと思う。家の中も結構片付いてきたので、あとは引き出しの整理とか
不要物の処分が待ち受けている。人間の大脳は机の引き出しの様なもので、詰め込み過ぎると
何がどこにあるのかも判らなくなる。一度大整理し頭の中と同様、家の引き出しの全てを洗いざらい
さっぱりとさせたいものである。
アコーディオン練習もしなければならないし、庭掃除もしなければならない。高齢者は色々と遣るべき
事柄を思いつくが実行に移すのが難しい状況にある。時間はたっぷりあるので、一つ一つ片付けたい
と思う。

久し振りの出勤

 いつも通り7時20分に自宅を出発し、8時過ぎに病院に到着した。事務室に入ろうと
すると電気が点いている。前任者が着替えをしている様だ。彼のロッカーがこの事務室
にあるので当然のことだが、私が出勤する日には別の場所で着替えをしている様子で、
多分今日は私が出勤することが判らなかったのであろう。
昨日、人権団体のOB会の案内が届いた。今回はグランフロント大阪北館の、近畿大学
の水産研究所が経営する養殖マグロの店で開催するとのことで、マグロ尽くしの宴会と
なること請合いである。今回のメンバーに近大職員が居るので、多分便宜を図ってくれた
のであろう。まともなら予約が1か月待ちと云うことらしい。今回のメンバーは2002年まで
一緒のグループにいた人間で、私が1998年に初めてこの団体の担当者に就任した時の
メンバーである。皆さん、お年を召されて最年長は75歳になられ、私など未だひよこ扱いで
あり平均年齢は68歳くらいか。8割方が年金生活者で2割が再就職・雇用延長・アルバイト
職員で構成され、中には家庭裁判所の相談員をされている方もおられる。多士済々の顔
ぶれで、今からこの会合を楽しみにしている。
また、石油会社のOB会も今月開催される。こちらはいつもと同じ泉大津の会場で、合併前
から籍のある旧会社のメンバーが40名程度集結する。私が在任中に1度合併し日本最大の
石油会社になったが、退職後も合併を行い、今では業界で他の追随を許さない巨大会社に
変貌している。
こちらは事務方が少なく、現場勤務経験者が多いためか、顔を存じ上げてはいるが、在任中
に親身に話し合ったことがないメンバーが多い。私の場合は本社のOB会の方がより親密度
が高いようだ。このほか、今月はアコーディオンの演奏会もあり、人権団体のイベントも目白押し
なので、多忙な月となりそうである。
プロフィール

おおすみ

Author:おおすみ
WHAT'S NEWへようこそ!
最近思ったこと、感じたこと、昔の印象に残る出来事を素直にブログとして公開します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR