FC2ブログ

インフルエンザ・ワクチン

 昨日病院に出勤したら、人事課のT嬢からインフルエンザのワクチンを接種したら如何ですか

と連絡があった。 職員は無料接種となるが接種日が決まっており毎週水曜日、以前その話が

あった時に、私は水曜日は出勤日ではないので今回は接種しない旨を宣言していたが、昨日は

一般外来の患者さんと一緒なら接種できると云う。 それならと受けることにして左手二の腕にチク

と注射された次第である。 このワクチンは香港A型に対応しており、大阪市保健局が接種を推奨

するワクチンであるが、患者さんはお年寄りが多数を占める。 平均皆さん70歳を有に越しており、

高齢者は健康に関心が強いのがその行動で読み取れる。 しかし、これは大阪市が助成金を出し

て無料または格安で接種できる特典を高齢者に与えているためで、これにより皆さん目ざとく受診

されるのであろう。 これで今シーズンもインフルエンザからは解放されそうで有難いことである。

人権標語は月曜日開催の運営会議で、事務長から管理職の皆さんに応募要請がなされ、早速

数件応募があった。 看護部では総看護師長が応募作をプールしているとかで、総数20篇以上

が集まっているとのこと、これで目標の30篇達成が現実味を帯びてきた。 これを取り纏め、人権

啓発委員会のメンバーに審査をお願いし最優秀賞と優秀賞を決定するが、流石は事務長、なかな

か対応が早い。 当面の難局を乗り越えたので、あとは流れに沿って進むだけであるが、やはり

管理職を離れると運営会議にも出席が叶わず、自分で物事を切り進むことが困難となり、他人の

お世話になるケースが多くなってきた。 ここは人の繋がりを大事にして甘えるところは甘え、やる

べきことは完璧にこなす姿勢と実力が肝腎だと思う。 先日は町内の自治会会計から、秋祭りの

収支が出揃ったので見て欲しいとの連絡があり、通帳・帳簿・決算書を確認したら、だんじりの修理

代がえらく高くついている、多分、曳行時に商店の庇にぶつけたのでその修理代と思われるが明細

が付いていないので内容が把握できない。 この様な事故なら保険事故となり支出は発生しないの

で、その点を確認するよう会計に申し渡した。 会計監査は会計に対して偉い立場にあるので、思っ

たことは何でも云える美味しい役職である。  昨年まではその会計が会計監査であったので、好き

勝手なことを云われ辟易していたが、やっとその恨み辛みを晴らすことが出来た、あっぱれ・あっぱれ。

読書三昧

 昨日は午前中から山本一力のジョンマンを読み耽った。 別にどおってことない小説で

あるが、中浜万次郎は名前だけは知っているが、何をした人間なのかは皆目わからない。

第1巻と第2巻は高知沖で遭難し鳥島でアメリカの捕鯨船に救助され、東海岸の港町に

連れて行かれるところまでである。 ここまでは知識に疎い私でも知っている範囲で、知り

たいのは日本に戻り江戸幕府でどの様な活躍をしたのかと云うことであるが、まだまだ

そこに辿りつくのにはあと2冊は読み進まねばならないだろう。 しかし、単行本はこの話

の内容ではコストパフォーマンスが低すぎ、文庫本が発刊されるまで待たざるを得ない。

丁度読書に一区切りがついた頃、時計を見ると12時半だったので、最寄りの銀行へ出掛

け投資信託の買付を行うことにした、HSBCインドオープンである。 この投資信託を扱っ

ている証券会社及び銀行が見つからず、前々から購入したいとは思っていたが、HSBCの

支店が堺筋本町にあることだけは知っていた。 しかしそこまで出向く気になれず、今迄野村

のインド投信とか三菱UFJのインド投信でお茶を濁していた。 今回三菱の投信が満期を迎

えたので、その資金を同じインド向け投資に振り向けようと以前からHSBCを狙っていた。 

しかし、何と近くの池田泉州銀行がこれを取り扱っているではないか。 色々と話を聴いてみ

ると、インターネットで購入すると買付手数料が3割安くなるそうで、早速インターネット取引

の申込みを行った。 通常窓口では3.24%の手数料であるがインターネットなら2.27%

とかで格別に安価である。 あとは基準価格の変動具合を確認しながら買付することになる

が、そこそこのリターンを期待したいところである。

寒い朝

 最近急に寒気が勢力を持ち、特に朝方の冷え込みが厳しい。 ベッドの布団も寒冷期用に

布団を1枚増やし、トイレの便座ヒーターもスイッチをオンにした。 あとは衣替えだけであるが、

一応夏服はケースに仕舞い込んでおり、冬物は音楽室のローリングチェアーの上に山積みと

なっている。 これを普段用の衣装ケースに仕舞い込めば完了だが、今日中に何とかしよう。

昨日は久方振りにコーヒーを沸かしブルマンミックスを楽しんだ。 しかし、この豆は購入後5ヶ

月は経過しているので、あまり香りがしない。 コーヒーと云えば6月に義理の妹夫婦が大阪に

立ち寄ったとき、ハワイ土産のハワイアン・コナのコーヒー豆を戴いた。 その時点では我が家

にコーヒーミルが無かったので早速ヤフオクで調達したが、未だミルの開梱さえしていない。

ハワイアン・コナはコーヒーに疎い私でも高級品だと云うこと位は知っているが、そろそろ消費

しないと香りが飛び、酸化が進んでしまうであろう。 今日はこのあたりの片付けもしなければ

ならない。 自動車修理工場からも連絡があり、代車は用意出来ないが持ち込んでくれたら

半日で修理が終了するが如何だろうかと云う話であった。 本当に古くなったベンツは金食い

虫で、ドアミラーの方向指示器の点滅が配線の断線で点灯しなくなっており、夜間の車庫入れ

に苦労している。 整備マン曰く、ベンツはCにしろEにしろ電気系統が弱く、古くなれば直ぐに

故障するそうだ。 友人も最近ボルボを国産に乗り換えたが、その理由が故障の多さにあった

ことを思い返すと私もそろそろ買替え時であるが、あと3年我慢すれば私の欲しい3年物中古車

が市場に出回って来るので、そうなればお買い得な車になるだろう。 それまでの辛抱である。

今日は銀行で投資信託を購入する用件が有り、午前中に訪問する予定である。

新しい電話機購入

 新しい電話機と云っても何も目新しい機能はついていない。 以前からナンバーディスプレイの

アダプターを捜していたが、安物を購入すると電池が直ぐに消耗し使い物にならない。 以前から

使用しているソニー製は、汚れは目立つがしっかり物で十分機能を果たしているが、1階の電話に

取り付けているので私の書斎の2階では発信者が判らない。 このため、ナンバー対応の電話機

を購入することにしたが、値段はソニーのアダプターよりも安いくらいである。 取説と格闘しながら

セッティングを完了させ使える状況になったが、古い電話機のどちらを残すかが問題となった。 

一つは録音テープを収納する蓋が壊れているが子機が付いている、残りは単体の留守番電話で、

実家を売却するとき隣の親戚から拝借したもので取得費用はゼロ、外観及び性能に何ら問題はな

いがこちらを廃棄処分にすることにした。 また子機が2台となったので、1台は私の寝室にもう1台

はアコーディオンの練習室に置くことにした。 このためには本日、音楽室の柱に子機の台座を取付

けなければならない。 それに書斎の電気配線が滅茶苦茶な状況に陥っているので、配線を紐解き、

漏電及び電気ショートを防止するスッキリした配線に組み替えなければならない。  ここは光回線・

ADSLのルータ、それに大阪ガスのルルルコールのルータ、パソコン・プリンター・外付けハードディスク

・電話回線等多くの配線が混在している。 大変な作業になるが、火災防止の観点から今日中に完了

させよう。

昨日は人権イベント終了後、天満橋まで歩き例のステーキハウスを見つけた。 12時15分であった

が、それ程混雑してなくて待たずにカウンターに座れた。  昔と同じメニューで一律1,080円、私は

タタキを注文したが注文後5分も待たずに料理が出てくる。 調理場では客の注文を見越し事前に肉

を焼いている様だ。 葱がてんこ盛りとなったタタキをポン酢で戴き満腹感に酔いしれた。 しかし以前

ほどは客足が落ちている様である。 若い人はステーキ、中年以降はタタキを食しているが、それ以外

にもトンカツ・カツカレー等が新たにメニューに加わっているが、誰もこちらは注文していない。

また、夕方からはアコーディオンのレッスン日、早い時間なので小学校の教師用駐車場に停めることが

出来た。 そこそこ練習してきたので何とか曲らしく演奏できたが、やはり練習不足である。 メロディー

が間違いなく演奏出来ない。 指の間隔が広くなったり狭くなったりで、この感覚がなかなか掴めていな

い。 これは練習以外の何物でもなく、一度ぶっ通しで3時間位練習すればこの難問をクリアー出来るで

あろう。 先日購入した山本一力のジョンマンの文庫本が2冊届いているので、今日は片付けと清掃が

終わったら早速読書に励むとするか。

今日は人権イベント

 今日は午前中、大阪府庁で人権イベントが開催される。 このため9時には我が家を出発し

会場に向かわねばならない。 12時に終了するので、何処かで昼食を摂らねばならないが、

何となく天満橋の牛肉のタタキが食べたくなった。 ここはステーキにしろタタキにしろ格安な

値段で提供してくれ、昼時はしがないサラリーマンで満席である。 とは云うものの、この話は

6年前の話であるので、今でもその店が存在するのか怪しいものである。 本当に飲食業界

は栄枯盛衰が甚だしい。 特にチェーン店の動向はその店の売上げが落ちれば即刻撤退し、

新しいチェーン店に変っていく。 際限なき営利追求である。 

今日はそれ以外では、アコーディオンのレッスン日、あまり上手く弾けないが継続は力なりで

頑張るしかほかないであろう。

そろそろ年賀状か

 来月早々年賀状が販売される。 私は毎年、大阪限定の絵柄付き葉書を55円で購入している

が、今年の絵柄が少し気になる。 羊であることは確かであるが何と組合わせるのか、気に入ら

なければ全国版を購入することにしよう。 人によってはローカル版を種々比較検討し中央郵便

局で購入する人もいるらしいが、そこまで凝る必要はあるまい。 そうそう今回は消費税の値上げ

で2円値上げしているので57円か。 しかしオリジナルの図柄を考え印刷すると、インク代が結構

掛かるので絵柄つきは割安である。 あとは文章作成、毎年思いつきの文章で出状しているが、

昨年から一筆書きの言葉を3種類に使い分けることにし全て印刷している。 これを間違いなく

効率的に印刷するには、住所録を同じく3種類に区分すると上手くいくと確信した。 つまり、今迄

の住所録をABCに分割して作り直し、宛先人もABCに振るい分ける必要がある。 これは大変な

作業であるが、一度行えば来年も再来年も使えるので重宝するであろう。 しかし考えてみると、

友人知己を親密さをベースにランク付けする様で歯痒い想いがしないでもない。

ソフトは筆ぐるめを使用しているが、これも9~10年前のものであるので、今のパソコンではなく

XPの古いパソコンに収納されている。 このため足元にあるパソコンを机上に引っ張り上げ、動作

確認から行う必要がある。 出来れば新しいソフトを購入したいが、年に1回のことなので、その時

だけ古いパソコンを引っ張り出すのも問題はあるまい。 邪魔になればソフトの購入に走るが、多分

一生この態勢で突き進むであろう。

人権標語

 仕事の話で恐縮であるが、9月の中旬に病院内で人権標語の募集を行い、11月10日を

締切日として待ち構えているが誰一人応募して来ない。 以前担当していた頃は直ぐに応募

があり、総数30篇を超える標語が集まったが、この原因は何であろうか。 私が殆んど病院

に出勤していないので無視されている公算が高いが、やはりこの様な職員のモチベーション

に頼るキャンペーンは、常日頃のお付き合いと云うか人との繋がりが大事と云うほかない。

対処策として昨日人事課を訪問した際に、人事課長に月曜日の運営会議の席で各部署最低

1篇は提出するよう発言してくれとお願いし、提出先も私ではなく人事課とするよう変更した。 

これで何とか例年通りの応募数が達成できれば最高なのだが、再就職してからの私の人望

のなさに辟易する次第である。 やはり週2回出勤で、そのうち外部イベントがあるとそちらに

出席しなければならないので、実質的には月4~5回しか病院に顔出ししていない。 これが

私と病院職員との関係を疎遠にし、そのうち部外者扱いされるのでないかと心配している。

昨日も中脱けで人権イベントに参加し、一人親家庭の貧困の現状をNPO法人の代表者の方

からお話を聴いたが、母子家庭・父子家庭の経済状況は頗る悪く、親子間で貧困の連鎖が起

こっている現状は何とかしなければならない。 就職及び住まいの斡旋・奨学金の充実等、国・

地方公共団体の果たすべき役割は際限なく広い。 私は母子家庭に育ち、私の子どもたちは

父子家庭で成長したが、この状況を打開するには、やはり経済力が大きな役割を果たす。母子

家庭時代は何をするにしても、これは幾ら掛かると云うことが常に念頭にあったが、父子家庭

時代はその反省から金銭的には子ども達に不自由な思いはさせていないと自負している。 

ただ片親育ちの引け目は成長期には感じただろうし、特に長女は身体の成長期に生じる女性

特有の悩みには私は何の対処もできなかった。 今から反省すると、女房の実妹にアドバイス

を貰うべきだったと深く反省している。

昨日は実弟宅を訪問し、帰りに業務スーパーで大量の買出しを行った。 ここで7,000円近くの

買物をするのは初めてで、野菜から魚・肉・調味料・お菓子と欲しいものは片っ端から購入した。 

これは昨日のイベントの話が尾を引いているようであるが、これだけの食料を近日中に消費で

きるか心配である。

今日明日とアコーディオンの練習に邁進しなければならない。 我が家の整理整頓も併せて実施

する必要があるが、歳を取るとなかなかテキパキと動けないのが悩みの種である。

ゴールド免許

 昨日は午後から大阪府公安委員会の運転免許交付センターに出掛けた。 光明池にあるセン

ターである。 5年振りなので要領をすっかり忘れており、今回は暗証番号の登録と云う今迄に

無い工程が待ち受けていた。 ICチップ化に伴い免許証をデジタル化した模様である。 登録料

の支払いを済ませ視力検査を受け、最後は写真撮影であるが、その前に全員集合で必要書類

を渡される。 一番人数の多いのが優良運転者講習で講習時間30分、トータル1時間半以内で

全てが終了した。 今回の講習は自転車走行の注意点がメインで、あと高速道路及び交差点で

の事故防止を喚起された。 これで来年から自動車保険料が若干安くなる、ありがたや有難や。

夜は写真クラブの例会日、昨日も参加者は少なく10名の受講者であったが、内容は充実してお

り、エベレストのモルゲンロートの写真とか妙高・志賀高原の写真・カナダオタワの写真とかが

出品され、皆さん、光を上手く撮りいれた傑作揃いであった。 私の上高地の写真は、ただ綺麗

だけでは小学生でも撮影できる、肉眼だけでは見えない写真特有の奥深さを追求しろと散々の

酷評であった。 一番堪えたのは一皮剝けた写真を見たいと云われたことで、次回には残りの

上高地の写真を何枚か持参し、再度講評を伺ってみよう。

今日は久し振りの病院出勤日、しかしイベント出席のため11時には外出する必要がある。 それ

までに事務の雑事をこなして置きたい。

今日は写真クラブの日

 昨日は先日の上高地の写真をカメラからマイピクチャーに移し、110点の写真に明暗とか

コントラスト、カラーバランスの調整を施した。 つまり本来の写真から修正写真に変貌させ

たと云うことである。 今日はここから展覧会用の写真を10点選び、鹿児島の写真5点と

加えて今日の定例会に提出することになる。 展覧会は来年1月の予定で、各自2点を出品

するが、ローファイルからの修正は先生が遣ってくれることになる。 去年は大台ケ原の苔む

した木々と霧のかかる森林の写真が選ばれたが、今年は15点からどの写真が採用されるか

楽しみである。 鹿児島1点、上高地1点が選ばれれば最高なのだが。

今日やらねばならないことは、運転免許証の更新である。 近くの光明池に行けば即日交付と

なるので、午後からでも訪問したい。 多分、2時間程度で終わるので、帰ればアコーディオン

の練習が待ち受けている。 最近は何かと多忙で、アコーディオンとジムに通う時間を捻出する

のが難しくなっている。 代わりに寝る前にワンダーコアを30回エクササイズしているが、これも

なかなか成果が出ない。 先日購入したL寸のボタンシャツは胸が弾けそうで暫く着られそうも

無い。 胸囲が膨れ上がったのか、寸法が小さすぎるのかのどちらかであるが、痩せろと云う

メッセージを突きつけられている様である。 昨日は人権イベントをサボってしまったが、京都の

時代祭りは雨の中を挙行された様だ。 今の仕事は最低月8回出勤すれば給与に見合う働きと

なるので、大変融通のきく仕事である。 明日は出勤日で別の人権イベントに参加しなければな

らないが、帰りに実弟宅を訪問しご機嫌伺いもしなければならない。 

若人の中に老人一人

 昨日は人権講演会を拝聴するために近畿大学に向かった。 大講義室が会場で、若い学生たち

で溢れ返り、めいめい友人たちとお喋りに熱中し凄い騒音となっている。 私の隣の席は若いギャル

2人組、普通5人掛けの席では私は端っこに着席するが、この子達は普通なら反対側の端っこを占

めるのが通常の行動なのに、敢えて私の隣に着席し左端2席をあけている。  これがこの大学の

大講義室のルールかも知れないが、私とすれば隣の席を荷物置き場にしたいのに、それが叶わな

かった。 講演者は淀川キリスト教病院の柏木理事長で、テーマは「いのちに寄りそう」で精神科医

として長年の経験から裏打ちされた生と死の話を、宗教の観点ではなく臨床の立場からお話された。

印象に残った言葉は、寄り添う・励ます・支えるの区分でそれぞれ方向性が違い、人との対峙状況

が異なるので、ケアをする場合には非常に重要な立ち位置である。 この先生はホスピスで2,500名

の看取りを行って来た経験があるので死に関しても造詣が深い。 哲学者の堀秀彦は70代までは

死に近づきつつあると思っており、死ぬのも生き続けるのも私自身で選択ができる事柄だと理解して

いた。 80代になると死が一歩一歩私に有無を云わさず迫ってくる状況で、死に近づくのではなく死

自体が私に向かってくる状況となる。 また、生と死は表裏の関係にあり、生の延長線上に死がある

のではなく、人は日々死を背負って生きているのが現実であるとの言葉に、今迄、その日暮しの私の

生活態度を見直す時期に来ているのかも知れないと思い起こすに至った。 この様な講話は二十歳

前後の若人にとっては退屈以外の何物でもなく、最初は先生の顔が見えない位、聴衆の背筋が伸び

ていたが、途中から皆が机に顔を伏せ寝ている状況に変わり、私と先生が相対して講義を受けている

様な状況に一変した。 しかし、私にとっては有意義な話で臨床の立場から死に向き合う今回の講話は、

残された人生に生きる指針を授けられる契機となった。

帰りは鶴橋で下車し、いつものポテトサラダとボンレスハム、それにすき焼用の牛肉を調達して家路に

就いた。

人権イベント

 昨日から3日間、京都のみやこめっせで全国部落解放研究京都大会が開催されている。

私も人権担当者の端くれとして、会社代表の立場で出席しているが、総勢5,500人規模

の大集会である。 結構不便な所にあり、京阪三条から徒歩で20分以上懸ってしまった。

会場に入ると満席で座るところが無く、床に腰を下ろし聴く羽目となったが、ヘイトスピーチ

のパネルディスカッションは在特会のビデオが流され、何て無謀な言葉の暴力何だろうとの

感触を持たざるを得なかった。  この会合は差別禁止法の制定を目指す場でもあるので、

如何にも理不尽な言動及び行動は処罰に値するものであるとの認識を聴衆に訴えるもので

あった。 京都の朝鮮初級学校でのヘイトスピーチは何の罪も無い子供たちをターゲットにし

ており、許すまじき行為である。 この会場では集会以外に伝統産業の物産展が開催されて

おり、集合時間までの1時間、そこで日本の和の文化を味わうことが出来た。 象嵌職人が

製作の実演をしていたが、鉄の台座に金と漆で文様を施し、ペンダントとかカフスを作る過程

をつぶさに拝見できた。 夜は三条の日本料理屋で交流会があり、美味しく肴と酒で酔いしれ、

目出度く第一日目を終えることが出来た。 今日は二日目で本来なら京都に遠征する必要が

あるが、昨日の交流会で本日淀川キリスト教病院の理事長の講話が近畿大学であると聞いた

ので、それに出席することにしている。 第三日の水曜日は京都で時代祭りが催されるので、

またまた京都に出向き御所車の行列でも楽しもうと考えている。

上高地

 今回の写真撮影旅行は走行1000km強で、2日間とも天気は快晴、雲の形も良く本当に

写真日和であった。 往きはいつもの名神・東海北陸道を使い平湯温泉へ、そこからシャト

ルバスで上高地に入ったのが12時半、大正池で下車し遊歩道の木道を撮影しながら河童

橋に向かう。 大正池はいつものカルガモが居らず、日本猿も顔を出さなかったが、焼岳が

非常に美しい。  途中白樺林の中を散策し、アロマセラピーを存分に吸収しながら眺めた

西穂稜線の山並みが美しい。 田代池では樹林帯の紅葉が盛りで穂高山群の姿がくっきり

と色鮮やかに収まっている。 霞沢岳の緑と紅葉のバランスも良く、梓川のせせらぎも清ら

かで、いつ来てもここは山の情緒を味わうことが出来る。 そうそう木道を歩いている時に、

懐かしい山の匂いが立ち込めていた、これは45年振りに感じたものであるが、この匂いを

言葉に表すのは難しい。 この匂いには汗と疲労が良く似合い、苦しい中で50kgの荷物を

担ぎ横尾から涸沢まで歩いた記憶が甦る。 いつもの撮影ポイントで何枚か写真を撮り河童

橋に到着したが、予想以上の賑わいで人ひと人が蠢いている。 水彩画の団体が一番良い

場所を占拠しているので、観光客は記念撮影の場所に難儀している模様である。

通常1時間で歩けるコースを2時間掛けて歩いたので、今日の上高地はこれまでにし平湯

温泉に戻った。 今は駐車場が安房峠の山麓にあり、そこから次の撮影のため安房峠をドラ

イブに出掛けた。 一応撮影スポットは頭に入っているが、本来なら17時半頃が穂高に夕陽

がかかり、赤く染まる風景になるのだが、そこまでは待てず、16時半には撮影を切上げ、宿舎

の下呂温泉に向かった。 約2時間で到着しウィスキーで喉を潤してから夕食の食事会場に臨

んだ。 このリゾートは建物とか部屋は会社の保養所同然であるが、食事だけは格別で手の込

んだ美味しい料理を提供する。 今回のメインは飛騨牛の陶板焼きで、あまりに美味しいので

牛肉を一皿追加注文してしまった。 これではベジタリアンの代名詞が泣くと云うものである。

温泉に浸かり足を揉みほぐして疲れを癒し、翌日の鋭気を養うことが出来た。 翌日も快晴、

当初の計画では再度上高地に入り、徳沢まで撮影する計画であったが、前日あまりに天気が

良く思う存分に撮影できたので予定を変更し、まず合掌造りの世界遺産五箇山を訪問すること

にした。 白川郷は何度も訪ねており勝手知ったる所であるが、五箇山は今回初めてである。 

天気が良いので菅沼集落を一巡し目ぼしい所は撮影したが、パンフレットに良く登場する池に

映るスポットは本当は田んぼで、今回は稲刈りが終了した後なので水が張られておらず、この

撮影のためには4~5月に来る必要がある。 そのまま大阪に戻っても良かったが、ここは白山

スーパー林道で紅葉を楽しもうと白川郷ICに戻り、スーパー林道を登り始めた。 全山紅葉で

直射日光を浴びた山肌は赤・黄・橙・緑と織り成す色彩が見事と云うほかないが、駐車する場所

がなく撮影場所は限られる。 また駐車場も車で溢れかえり駐車待ちの状況で全山紅葉は撮影

が叶わなかった。 峠を越えると白山が目の前に聳え立ち、白山信仰の御神体を仰ぎ見ることが

出来た。 私はこの林道は2回目であるが、その時は天気が悪く白山を拝むことが出来なかった。 

あれから30有余年、これが最期の白山であるが眩しいばかりに美しかった。 林道を下山し一里

野温泉を通過したが、ここはJAFのサマーフェスティバルで家族で来たことがあり、懐かしい思い出

が甦ってきた。 あとは家路を急ぐばかりとなり、小松ICから北陸道で帰路についたが、道は比較的

空いており、18時には無事我が家に到着した。 飛騨の道の駅で新鮮野菜を大量に購入したので、

今夜当たりすき焼でもしたいが、残念ながら今日から3日間、京都で人権イベントが開催され、今夜

は飲み会が控えている。 新鮮な春菊はお浸しにでもするしか方策はあるまい。 でも楽しい2日間

であった。 思う存分その目的で写真撮影が可能となったし、ロングドライブも十分楽しめた。 

我が身の健康に感謝し、次は富士五湖巡りでもしたいものである。

今日から上高地

 只今5時、6時に我が家を出発し上高地に向かう。 天気はまずまず、良い写真が撮れること

を祈るばかりである。 いつもの道の駅でホウ葉焼きの飛騨牛を食し、おもむろに平湯温泉から

上高地に入山する。 穂高山群・焼岳・大正池等見所は山積で、思った写真が撮れれば最高な

んだが。

かやくご飯

 大阪では炊き込みご飯のことをかやくご飯と云う。 具は牛蒡・蒟蒻・薄揚げだけで鶏肉は

入っていない。 なので、しつこくなくあっさり味で胃に優しい味である。 昔は老舗と云われ

る店が2軒あったが、今は道頓堀の大黒しか営業していない。 中盛450円でそれにブリの

照焼き、かす汁を付けると軽く1,500円は超えてしまうが、懐かしい大阪の味である。 昔は

千日前にだるまと云うもう1軒があったが、10年以上も前に閉店し寂しい限りである。 ここは

織田作之助が頻繁に訪問した店で、ショーケースに小皿に盛ったおかずが並べられ、勝手に

取り出して食べる大阪特有の店であった。 但しかやくご飯と味噌汁は店員に頼むことになる

が。 この様に大阪名物の食い物屋がどんどん減少していくのは時代のせいでもあるのだが、

おでんで有名な多幸梅本店は未だに道頓堀で営業している。 店の中に日本橋の朱色の欄干

があり圧倒させられるが、いまだ健在である。

大阪名物の鰻のいづもやも店仕舞いをし、昔よく連れてって貰った丸十寿司も区画整理で移転

したらしいが、近くの水掛不動の所で営業しているとか、一度訪問しなければならない。 しかし、

最近は大手の「すしざんまい」が大阪に進出し、芝居小屋の中座の跡地で営業しているとか、

飲食業界は弱肉強食なので、丸十寿司もそのうち駆逐されてしまうのであろう。 こう云う話は、

どちらかと云うと宮本輝の世界の様で、大阪情緒を味わうには最適である。

証券ウーマンの転勤

 先日、私が贔屓にしている三菱UFJ証券から電話があり、担当の美人営業ウーマンF嬢

が東京池袋に転勤すると云う。 色々親身にアドバイスを戴き、決してうまい儲け話はなか

ったが損もしなかった。 結構勉強家で国際経済にも明るく、買いを入れると米国の政策決定

会合の結論が出るまで待った方が良いとのご託宣、結論から云うと買い時を逃したことにな

ったが、昨今の円高を考えるともう少し様子見が良かろう。 話は外国為替売買の話ではなく

女性社員の転勤の話である。 20代の女性営業ウーマンを関西から関東に転勤させるこの

会社、以前の会社組織を知る私には到底理解できない。 やはり実力主義の会社で成果の

多寡が出世競争を煽る根本にあり、本当に女性も男性も区別なく、最前線の営業活動に投入

している様だ。 後任には声のトーンが低い女性が担当になったが、彼女も親身に客本位で

活動して貰いたいものである。

今日も出勤日、と云っても取り立ててこれと云う仕事は無い。 来週の前半3日間は京都で人権

イベントがあり、毎日堺から京都まで通勤しなければならず、月曜日の夜は意見交換会と云う名

の飲み会で、しこたま旨い酒と肴で気炎を挙げることにしている。 また金曜日は講演会があり、

週の内4日間が外出で埋まることになる。

写真撮影旅行は行先が決定したが、出発日を明日にするか明後日にするかで悩んでいる。一応

昨日、旅行準備を整えたが土・日なら高速料金が安く下呂温泉も土曜割増料金を設定していない。

なるべく安上りに済ませたい一人旅なので、高速料金の割引は大きな判断要素となる。 また、

いつもの名神・東海北陸道の行程ではなく、今回は名神・中央道の北回りが時間的に早そうなの

で、そのコースを選択したい。 それに昼間に上高地に入山しても光の加減からあまり良い写真は

望むべくもないので、初日は夕方15時に安房峠到着を目標とし、17時まで穂高の遠景を撮影した

い。 2時間も居れば画面に鳥も飛び込んで来るだろうし、夕陽で赤く染まる穂高山系が撮れるかも

知れない。 翌日は早朝出発と行きたいが、リゾートの朝食が8時からなので、出発は8時半、上高地

には10時到着となろう。 坂巻温泉に泊まっていれば8時に上高地に入れるが、安上りの旅なので

リゾート会員権を有効に使うしか方策はあるまい。 そう云えばこのリゾートクラブでは今年、富士河口

湖にホテルをオープンさせたので、富士撮影のベースキャンプには最適であろう。近いうちに富士五湖

の撮影旅行計画を立案したい。

季節外れの朝顔

 台風の襲来日、我が家の朝顔が3輪咲いた。 大輪で形もよく色もコバルトブルーで、何故夏の

盛りに咲かないのか恨めしく思う。 よく見ると未だ蕾が多く隠れており、暫く朝顔の鑑賞が楽しめ

そうである。 今日も1輪咲いており綺麗と云う言葉にピッタリであるが、何か寒々とした気配を感じ

るのは季節外れのせいでもあるだろう。 あと、菊が花芽を付け、あと1ヶ月で大輪の花が咲き誇る

であろう。 3本の苗のうち1本は鑓水不足で枯れてしまい2本だけになったが、こちらは旬の花なの

で咲くのを楽しみにしている。 我が家の前に面した大邸宅では、半月前に植木職人が入り樹木の

剪定を行った。 我が家もそろそろ馴染みの植木屋に頼まねばならないが、モチの木と南天の実が

赤く熟すまで待つことにし、また楓の紅葉も自然のままで楽しみたい。 しかし、もう直ぐ裏庭の隣の

ブナの木が落葉を始める頃なので、またまた落葉退治に忙殺されることとなる。 

昨日、麻雀大会の出席をお断りしたので、今週の金・土は予定が全くの白紙になり、まさに写真撮影

旅行に出掛けることが可能になった、上高地行きである。 下呂温泉に1泊し平湯から上高地に入り、

徳沢までの間で穂高山系と明神山系の紅葉をカメラに写し込みたい。 早朝の上高地は被写体には

最適で、来年の写真展用の写真を数多く押さえて置きたい。 下呂温泉では松茸料理の会席を美味

しく戴き、温泉で汗を流し、そうそう安房峠からの穂高山群も絶景であるので、夕日を浴びて光る写真

も撮って置きたい。 もう少し、詳細な計画を立案し金曜日には出発できる態勢に持っていかねばなら

ない。

台風一過

 台風19号は大阪の岸和田市に再上陸したが、ここから我が家まで20Km位の所

である。 しかし、今回の台風は風が吹かない。昼過ぎから暴風圏内に突入したが、

15時頃にちょっと強い風が吹いた程度で、上陸しても殆ど強風らしき兆候はない。

今回の台風は雨台風の様で、雨だけは6月の集中豪雨程度は降っていたが、これ

では台風と呼べないのではないか。 別に強い台風を期待している訳でもないが、

台風対策が肩透かしに遭った様で期待外れもいいところである。 この様な状況なの

で我が家には何一つ被害は無かったが、今回の台風ほど気圧が上がらない台風は

珍しく、鹿児島枕崎での上陸時の気圧が970ヘクトパスカル、三陸沖に出た今朝が

980ヘクトパスカルと勢力に衰えを見せない台風であった。 また3か所に上陸した

台風も珍しく、伊勢湾を横断していれば4か所の上陸で日本記録を更新したことは確

かである。

今日は出勤日、先日のグループ会報告と経費の精算、それに今後のスケジュール

管理をしなくてはならない。 また、今日はアコーディオンのレッスン日、時間が余りない

ので、楽器と楽譜を病院まで持参して来ており、帰りに先生宅まで直行する予定である。

昨日、ジムトレーニングの今月の出席をお断りした。 これで来月まで通う必要はなくな

ったが、問題は今週末の麻雀大会である。 一応メンバーに組み入れられているが、

出来れば写真撮影旅行に出掛けたいので、今日あたり秋祭りの後片付けと会計監査

業務が多忙のためとの理由でお断りすることにしている。 どうも人と約束することは

ストレスを溜める要因になりそうである。

エクササイズ

 8月下旬に購入したワンダーコア(腹筋を鍛える器械)に真面目に取り組んでいる。 出張以外では

ほぼ毎日30回をこなしているが、成果の程は見た目からは判然としない。 やはり一日30回は少な過

ぎるのであろうか。 高校の部活でバレーボール部に所属していた時は、1セット25回を4セット行ってい

たから今はその1/3である。 前々から30回と20回の2セットに挑戦したいと思っているが、やはり、

30回の実績を2ヶ月積まなければ次には進めない。 今月20日過ぎから一日50回に挑戦しよう。

最終目的はライザップの宣伝にある様な割れた腹筋になることであるが、当面は腹がへっこめば良しと

しよう。 そうそう、堺市の家原大池のジムにも行かねばならない。 今月はあと出張とかで多忙なので

お休みとし、11月から本格的に再開したい。 もう一度トレーナーにメニューを見直してもらい、特に股

関節の運動に重点を置き、苦も無く胡坐座りが出来るようにしたい。 この夏の高野山の食事では胡坐

が組めず、難儀した経験がある。 体調は最近すこぶる良く、糖尿病とか高血圧の症状は全く出ていな

いし、これは処方された服用薬が効いているからであろう。 やはり主治医の先生は大学の総合診療科

の教授だけのことはある。 今日は台風19号の襲来日、本格的な台風なので今から雨戸等の対策をし

なければならない。 無事、台風が大過なく過ぎ去ることを祈るばかりである。

ゴールド免許

 昨日、大阪府公安委員会から運転免許更新通知書が届いた。 久し振りのゴールド免許で

ある。 これまで5年間はブルー免許であったが、これもシートベルト違反でマイナス1点のみ

であるので、講習30分及び5年間の有効期限であった。 しかし、この1点が自動車保険に

多大な影響を及ぼし、保険料の割引率が大いに異なって来る。 そのため、今は免許の色に

関係の無い三井ダイレクトと契約しているが、以前は長くソニー損保であった。 とは云っても

事故が皆無かと云うとそうでもなく、 3ヶ月前には自損事故でドアミラーを取り替えているし、

バックで車体を傷つけたことも何度かある。 長男も云っている様に最近は運転が下手になっ

た様で、次の次のマイカーは軽自動車にして近場の買物専用とし、車で遠方へ旅行に行くこと

は無くなるであろう。 それが世のため社会のためである。 反応の鈍い老人が運転するほど

危険なことは無く、視力も当然落ちているだろうし、危険この上ない状況に陥っているだろう。

台風19号が近づいているので一応台風対策は実施したが、どの程度の台風なのか予想が

つかない。 大昔の第二室戸台風がトラウマになっているので、強風に対しては恐怖心を持っ

ているが、大阪に920ヘクトパスカルで近づくとは考えられず、大阪市内で50m以上の風が

吹くとも考えにくい。 あの台風は瓦が紙飛行機のように飛び交い、実家の屋根瓦が半分以上

吹き飛ばされた経験がある。 時間ごとに風向きが南から東それに北向きと目まぐるしく変化し、

北向きになった頃には一安心したものである。 何せ強風のときは、実家の梁がギーギー音を

立てて軋んでいたのを思い出す。 今日はアコーディオン練習と屋内清掃に挑戦してみよう。

たまには先生をあっと驚かすくらいの出来栄えで演奏したいものである。

日用品の購入

 昨日はロイヤルホームセンターに犬用の蚊取線香を買いに出掛けた。 先日、近くのコーナンで

捜したが見つからず、、去年も同じ時期にロイヤルホームセンターにあったので、柳の下のどじょう

ではないが訪問した次第である。 ここはスペースが広く通路も広いので、結構いい暇つぶしになる。

先ず、枯葉集塵機のスペアーの集塵袋を手に入れ、これで在庫は3袋となり本体の寿命までは十分

持たせることが出来る。 蚊取線香も何度も売り場を捜したが見つからず、店員に聞くと案内してくれ、

最終在庫2箱をゲットすることが出来た。 これで当方の在庫は3箱となり、来年の最盛期までこれで

もたせることにする。 やはり季節外れの商品を購入するのは難しい限りである。 そのほか色々な

売り場を散策したが、これと云って購買意欲をそそられる品物には遭遇できなかった。最後に洗濯用

の柔軟剤を購入していつものコーナンに向い、愛犬用のドッグフードを調達した。 最近のドッグフード

は犬種ごと年齢毎に販売されており、ミニチュアダックスの13歳以上用を手にした次第である。 

隣のスーパーでは野菜が一時期より極端に値下がりしており、またまた大量に野菜を購入してしまった。

ベジタリアンの本領発揮である。

最近円が円高傾向にあり今日は107円台、私は将来的には125円まで円安になると確信しているので、

仕入れを幾らで購入するかが問題である。 105円まで円高になればドル建てMMF を買うつもりでいる

が、世界的に株式相場が低迷しており、とりわけNY株式市場が弱含みなので、100円位まで円高になる

かも知れない。 こうなればしめたもので、大量にドルを調達しMMFに投資してみよう。 10年単位で考え

れば絶対に儲かること請け合いである。 日本国債よりは遥かに利回りが良いであろうし、国債破綻からの

ハイパーインフレ対策にも適するであろう。 年金生活者にとっては、まとまったお小遣いは株で稼ぐしか方

策は無い。 今は評価益が出ているが、それも最近は減少傾向にある。インサイダーでもよいから良い情報

を手に入れ、不労所得で贅沢三昧してみたいものである。

錦秋

 来週火曜日まで病院出勤は無いので、今日も一日のんびり過せる。 忙しいと朝の独り言に、

「今日は休みたいなぁー」と云う言葉が自然と口に出る。 もともと勤労意欲が高くない私は、何

もせずにボケーッとしているのが好きなようだ。 しかし、大型台風が接近しているので、今日は

本格的に台風対策を実施しなければならない。 基本的にはベランダの清掃と排水溝の枯葉

除去であるが、それ以外にも布団干しとか料理の作り置きも対策の一つである。 食料を調達に

スーパーで買出しもしなければならないし、冷蔵庫の在庫整理も進めねばならない。 ベジタリア

ンは野菜を大量に購入するので、今日はオクラ料理にも挑戦しよう。 完成すれば冷蔵庫は野菜

料理で満杯になるであろう。 時間があればアコーディオンの練習もやる必要があるし、屋内清掃

にも励みたい。それ以外には、リゾートホテルで旨いものを食したくなったので行先を決め、ホテル

の予約を取らねばならない。 今は松茸のシーズンなので、茶碗蒸し・焼き松茸・松茸の天麩羅が

付いた会席料理と温泉三昧が最高である。 本来なら下呂温泉に行ってみたいが、大阪からでは

やはり遠い。 しかし、上高地では紅葉の真っ盛りであるので、これらを写真に写し込みたい衝動

に駆られるのは自然の摂理であろう。 大昔、北海道の旭岳の麓で広大な紅葉樹林を眺めたが、

それはそれは圧巻で錦秋と云う言葉にピッタリの風景であった。 もう一度挑戦したいが何時のこと

になるのやら。 やはり、上高地は遠いけれど被写体としては最高なので、今しかないであろう。 

20日の週は前半が京都で人権イベントがあるが、最終日は午前中だけなので、わざわざ出掛ける

必要もあるまい。 そうだ22日の日しか日はない。 この日に照準を合わせ今から準備を行いたい。

グループ会

 昨日はグループ会、開始時間の45分前に会場へ到着した。 会場には誰も居ず、屋上で喫煙をし、

おもむろにドリップコーヒーを啜って皆さんの到着を待った。 10時から会議の開始、最初は学習会

で外国人労働者問題をM氏が持参した資料を掻い摘んで説明した。 そのあとT氏が日系ブラジル人

の住宅問題と教育、それに凶悪事件の発生率についての解説があった。 T氏は滋賀県で子会社の

人事を担当していたので、日系ブラジル人問題は相当経験があり、話が面白い。

会場の会社は配管の製造を行っているので、電気炉がある小さな製鉄所であるが、見た感じは昭和

30年代を髣髴させる工場で、歴史を感じると云うか古びた工場であった。 昼食は社員食堂で弁当を

食したが、ここも倉庫のような建物で、これでは新入社員の採用に苦労するだろうと思われる。

午後からは理事会報告で盛り沢山な内容であったが、著作権問題が私の関心を呼び寄せた。 通常

新聞記事を研修資料に使用するのに私など何の抵抗も無く引用するが、これが著作権法に抵触する

のだと云う。 たとえば営業等の外向けのパンフレットに使用する場合は、著作権法に引っかかること

は理解出来るが、社員対象の研修資料にも抵触するとは考えが及ばなかった。ここは再度詳しく調査

を進めなければならない。 何か眉唾の様な気がしないでもないし、たとえば録画したVTRは家庭用と

して視聴する限りは著作権問題にはならず、それを不特定多数に視聴させれば抵触することは理解し

ている。 それと同じ基準で判断すれば、社員研修用なら免責されるのではないかと云うのが私の

見解である。 定刻を過ぎて会議は終了し、帰りにコーナンで日用品を仕入れ、意気揚々と帰宅した

次第である。 職住接近は本当に良いことである。

人の去就

 昨日、病院に出勤すると以前の職場のMさんにばったり出くわし、今日で退職すると云う。

私より1歳若いので何故かと聞くと定年だと云う。 そう、65歳が雇用延長の最終年で彼女

はその規則に則っとり退職の道を選らんだのであろう。 そう云えば私は例外中の例外で

65歳で採用され70歳まで雇用が約束されている。 有り難いことである。 今年の12月に

は私が採用を決めたN氏も退職する予定で、彼は現在68歳、期するものがあって退職の道

を選んだと聞いている。 この様に病院内で親しくして来た人達が退職するのは、寂しい限り

であるし、私一人取り残された寂寥感に浸ることになる。 

今日は人権団体のグループ会、岸和田のJ社で開催されるのでマイカーで訪問することにして

いる。 忙しい日々が続くが、老体に鞭打って会社代表としての役割を果たしたい。

栗ご飯

 一昨日、栗ご飯に挑戦し昨日・今日と美味しく戴いている。 やはり栗の皮むきが

難しく、クルミ鋏で半分に切り落とし、そこから鬼皮を剥くがそれまで24時間水に浸し

て作業に取り掛った。 鬼皮は簡単に剥けるが問題は渋皮である。 これを剥くのが

面倒で、一度湯に浸したのが悪かったのか、ボロボロ身まで剥がれてしまう。 ここは

何かコツがありそうだが、再度ネットで調べてみよう。 今回は20個の栗の皮剥きを

したが渋皮剥がしに難儀し、栗ご飯に投入したのは14個で残り5個は渋皮付きで愛犬

の食事に早変わりしてしまった。 渋皮が付いていても食べることに問題はなく、私も

1個は試食している。 後は味付けであるがレシピでは日本酒・味醂・塩・醤油・出汁

昆布と書かれていたので、その通りの味付けにしたが、少し日本酒を入れ過ぎ酒臭い

栗ご飯が出来上がった。 戴いた栗は未だ10個も残っているし、我が家の栗の木も

たわわに実り、通常のいがの数倍もあるような栗まで産出している。 収穫作業はして

いないが、夏前に小型のいがが相当落ちているので、残りのいがが異常に成長したも

のだと推測している。 これも収穫し併せて今度こそ完璧な栗ご飯を炊飯したいもので

ある。

昨日のアコーディオンレッスンは練習不足がたたり、全く良いとこ無しであったが、次回

への意欲が湧いたのは良かったと思う。 帰り道、マイカーの方向指示器に不具合が

生じ、いつもの修理屋に立ち寄り見て貰ったが、これは電気配線が劣化しているのが

原因で、一式取り換えるかその配線を手作りで作り上げるしか方策はないとのこと。

取替なら15万円、手作りなら1.5万円なので相手の時間のある時に修理に出すこと

にした。 車も古くなると故障が多くなり、不意の出費も多くなるし値段も高い。 友人の

O氏は以前ボルボに乗っていたが、この夏高野山で再会した時は国産のフーガに乗り

変えていた。 理由を尋ねると故障が多いとのこと、まさに今の私の状況である。と云う

ことは私も乗り換えを考えねばならないと云うことであるが、あと3年は今のベンツを騙し

騙しで乗り続けるのが、経済的にも私の懐具合からしても妥当と思われる。

台風18号通過

 今朝は強い風の音で目が覚めた。 5時頃だったか、波長の長い轟音が鳴り響き、通常の

風とは一味も二味も違う本物の台風であった。 しかし、大阪は台風の進路の左側に位置し

ており、大雨の危険性はあるが風に関しては峠を越えた感がある。

昨日までの秋祭りの3日間はあっと云う間に過ぎ去った。 2日目も受付業務に勤しみ、現金

の札数えと記帳・それに名前を記した木札を掲示板に並べたり、新規の御花(祝儀)では筆で

氏名を筆耕する作業で忙しく立ち回った。 2日目からは賄いの女性が多数自治会館に来てく

れ、弁当及びお吸い物それにビールとか焼酎のお給仕もしてくれる。 独り者の我が身には

家庭の味を楽しめる貴重な時間と相成った。 3日目も同様で、今回はだんじりが他地区まで

堺市西区のだんじりパレードに遠征したので、自治会館が閑散とする時間が長かったが、今回

は長老連中が受付業務を応援してくれなかったので、面白い昔話を聴くことは出来なかった。

私もこの地に移住して26年、村の事情には結構詳しくなったが、人の消息には疎いところがあ

る。 皆さん、苗字でなくファーストネームで呼び合うので、誰が誰だか見当もつかない。

何やかやと3日間が終わり、御花件数185件、金額は260万円が寄付された。 祭りには400

万円近く懸かるので、これだけでは賄えないが、当自治会には管財と云う強い味方が控えており、

不足金はその金庫から幾らでも引き出せる。 多分、1.5億円くらい眠っているだろう。 しかし、

今回もだんじりの曳行に関しては、いつもの商店街の庇に突っ込み、至急修理業者を呼び応急

処置で走れるようにしたが、本格的修理は祭りが終わってからで、これも100万円位懸かること

であろう。 だんじり保険もぶつけた事によって保険料が上がり、秋祭りの収支は結構厳しいもの

にならざるを得ない。 そうそう、自治会館の隣の空き家は自治会がそのうち買い取って、自治会

の財産にするそうである。 ここは葬式とか会合の集会所として整備し、村人の憩いの場として活用

するそうだが、なるべく安く買い叩くと云うことで現在オファーは出していないとのこと。 村の状況も

これから大いに変わって行きそうであるが、毎年恒例の秋祭りは盛大に挙行され続けることであろう。

この3日間、しこたま酒を飲み干したので今日は朝からやたら酒が飲みたくて仕方ないが、今日はアコ

ーディオンのレッスン日、夜まで禁酒が待ち受けている。 最近とんと練習していないので、今から練習

に取り懸かろう。

秋祭り初日

 昨日は自治会館に10時に集合し、祝儀の受付業務を開始した。 勝って知ったる業務なので

3人でテキパキと進めて行く。 しかし、初日は宵宮なので昼食も夕食も提供されない。 途中、

昼食に帰宅し祭り装束に着替えてから、またまた受付席と木札席の間を行き来し、せわしなく祝儀

の収納を行った。 しかし、午後からはアイドルタイム、自治会館は閑散とし賄いの女性が誰一人

顔出ししない。 話によると小町会と云う自治会の助っ人女性軍が皆さん若返り、子供の世話に忙し

く自治会業務に関わっておれないとのこと、やはり頼りになるのは高齢女性だと改めて再認識した

次第である。 会計のT氏へは最初1日単位で祝い金を手渡す筈であったが、3日分を纏めて渡して

欲しいとの要望があり、結局私が3日分の祝い金を預かる羽目になってしまった。 夕食時は若頭か

ら夕食にご招待を受け、テントに設えた食事会場で寄せ鍋をご馳走になった。 ここも一切女気が無く、

中年のおっさん連中が調理・給仕をやってくれ、その中には寿司屋の2代目の姿も見える。 私は仕事

で人権を担当しているが、潜在意識の中では未だにジェンダー意識が根付いている様で、調理とか給仕

は女性がするものだと思い込んでいる節がある。 クレーマーへの対応とか酔っ払いの介抱とかにも

時間を取られ、夜遅く今宵の仕事はお開きとなった。

さあ、今日から秋祭り、だんじり祭りだ!!

 今日から秋祭り、私は祝儀の受付を担当している。 10時に自治会館に出掛け、氏名を貼りだす

木札の準備とかお返しの日本手拭を倉庫から引っ張り出し、山のように積まねばならない。 会計が

どれだけ準備してくれているかにも寄るが、祝儀帳に縦線を施し番号を付する作業も控えている。 

単純な作業であるが結構準備に時間が懸かるし、間違いが許されないので、慎重に作業に取り掛ら

ねばならない。 私を含めて3名が担当になっており交代で受付を担当するが、一人は私よりもベテラン、

もう一人は今年初めての役割である。 この担当もこの2年間で2名の方がお亡くなりになり寂しくなった

が、大幅に若返りが図れたので効率よく作業は進むであろう。

昨日の夜は冬瓜の煮込みに明け暮れ、今朝試食したが生姜味と薄味が程よく噛み合って美味しく食す

ることが出来た。 愛犬にも御裾分けしたが、旨そうにガッツク様に食事している。 これなら当分、私と

愛犬のメインデッシュとなるであろう。 鳥のミンチ肉も入れたので、そこそこ栄養価は高い。 あとは

栗ご飯に挑戦であるが、米2合で栗20個が程よい塩梅とかで、今から栗を24時間水に浸す作業を行

わねばならない。 そのあとの皮むきが面倒なようで、まあ、明日の空き時間を使って挑戦してみよう。

御花の準備もしなければならないし、そのためには銀行で現金を引き下ろさねばならない。 最近は

旅行とか出張それに祭りと何かと物入りが続いている。 では、そろそろ自治会館に出向くことにするか。

冬瓜ゲット

 先日の蒲郡への旅行でY氏から冬瓜・栗・しし唐をお土産に戴いた。  彼は愛知県の

小牧で兼業農家を営んでおり、今は年金生活者なので専業農家かも知れない。 何時

もその時期の農作物を持参して来てくれており、過去にはカボチャもあればナス・ピーマ

ン・紫玉葱も戴いている。 今回は大振りな冬瓜で私はこれを調理したことがない。 早速

今日にも下拵えに入るが、先ず皮むきから始め中の種を取り、小分けに切り分けて鰹節

を大量に入れた出汁作りを行い、薄口醤油と味醂で味付けし、コトコトと30分ばかり煮込

むと出来上がるそうだが、仕上げに片栗粉で固めるのも面白そうである。 よく料亭で提供

される冬瓜は薄味で時にはミンチ肉も入っているが、このミンチは鶏肉が合いそうである。

あと栗は如何しようか。 栗ご飯も美味しそうであるが、ネットで調理法を調べてみなければ

ならない。 結構皮むきに骨が折れそうな作業となるであろう。 しし唐は好物なので、炒め

て醤油をぶっかければ完成である。 ベジタリアンにとっては暫く和食に舌鼓が打てそうで

楽しみであるが、私の料理のレパートリーが増えるのも嬉しい限りである。

今日も久し振りの出勤日、2週間以上病院には顔出ししていない。 別に病院ではこれと云

った仕事は無いので、今日は出張旅費の精算とかその他経費の申請、出張時のメモ書きを

文書化し備忘録として関係者に配布する必要がある。 そうそう今月の出勤予定と先月の

勤務実績を人事課へ報告する作業も控えている。 先月後半は何となく多忙であったが、

今月は明日から村の秋祭りの受付業務が待ち構えている。 今朝、法被・腹巻・股引・地下

足袋を確認したので、それを身に着けるだけで準備は完璧である。 ただ、地下足袋は7~

8年洗濯していないので、そろそろ買い替える必要があるが、今年はこれで十分であろう。 

大いにだんじり祭りを楽しみ、村人の皆さんと酒を酌み交わしながら親交を深めたいと願っ

ている。

東京日帰り出張

 昨日は朝の4時半に起床し新大阪発7時10分のぞみに乗車した。 この時間でもビジネス客は多く

満席である。 メンバーの内の一人が東京駅からメトロ東西線に乗り換えるのが難しいとかで、集合は

山手線の高田馬場駅となったが、何て遠回りをしていることであろう。 高田馬場駅の早稲田口には

メンバー全員が揃っており、全員が上着を着用している。 私はカッターシャツで、一応新幹線内でネク

タイだけは締めてきたので、一応の格好は付けた積もりだが、やはり事前に服装の確認をするべきで

あった。 西早稲田のキューブ・クオレの事務所を捜し回り、やっと約束の時間までに目的の事務所を

訪問することが出来た。 秘書の方と人権団体のTOP会での講演打合せを行い、内容が煮詰まった頃

に講師の岡田康子さんを訪問していた先客が帰られ、岡田さんが我々に合流された。 この先生は役員

研修を多数手懸けておられるので迫力があり、話していても言葉力に圧倒される雰囲気である。 先程

秘書の方と打合せた内容では役員相手の話では力不足で、パワハラの基本は皆さんご存知だから、如何

すれば防止出来るかとか、経営に役立つパワハラ対処法の話を中心にしたいと仰り、この点では先生に

一任することにした。 1時間で面談は終わり、早稲田の街を散策すると若者が多く闊歩しており、若々しい

息吹を感じる学生街となっている。 昼食に早稲田で一番の老舗の蕎麦屋に入り、私は天ざるセイロを注文

したが、なかなかイケル味の蕎麦であった。 蕎麦だしが濃くて関東風ではあったが、蕎麦湯で割っても美味

しく戴くことができた。 次に往く目的地は浅草、東西線で日本橋まで往き、浅草線に乗り換えて終点まで

乗車したが、メンバーの一人がスカイツリーを見学したいと単独行動に走り、もう一人は午後の部のメンバー

から外れているので、大江戸博物館の見学と称して別れ、T氏と私の2名で暫く行動した。 別のメンバーとの

約束の時間までは2時間以上あったので、浅草界隈の麦とろ飯の本店とか別館、駒形どぜうの店、前川の鰻

屋とかを廻りパンフレットを調達したが、グループ全員で現地研修時に会食するには値段が張りすぎる。 

前川の鰻屋ではアルコール抜きで一人2万円のコースまであったし、駒形どぜうでは個室を借り切ると食事代

が15%アップするとのこと、一人5,000円で挙げることはなかなか難しい算段である。 ただ、昼食の麦とろ飯が

1,500円なので、これなら使えそうだと結論付け、飲食店捜しはこれで終了した。

浅草駅前のスタバで時間を過し、約束の時間に東京都人権研究所を訪問した。 浅草弾左衛門の足跡を辿る

現地研修で、それ以外に革製品の加工工場とかの部落産業を学習する行程であるが、支部長さんも副会長

さんも好意的に受け止めて下さり、大ラフのスケジュールは煮詰まった。集合時間と場所の確認を行い、研修

内容は先方にお任せすることにし、夜の意見交換会の会場とか翌日の昼食会場も先方にお任せすることにして、

先生御三方にその席への出席を要請したら、快く引き受けて頂いた。

これで、本日の業務は全て終了で浅草で解散したが、私は以前の会社の同期と東京駅近辺で待ち合わせをして

いたので、日本ビルの地下街、むろまち蕎麦へ向かった。 F氏とは半年振りの再会で積もる話に花が咲いたが、

彼は昔の社長人事の裏話を知らなかった。 私が詳しく話し聞かせると大い関心を示し、根ほり葉ほり聞いてくる。 

私も他人から聞いた話なので質問されても困るが、次回の同期会ではこの話で盛り上がるのであろうと予想して

いる。 定刻どおり20時20分発のぞみで帰路に着いたが、土産の草加煎餅を買い損なってしまった。 八重洲の

土産物売り場が縮小しており、そこに煎餅屋は無く、ホームの売店にも売っていなかった。 今はその様な土産物

は廃れてしまったかの様である。 我が家には24時半頃帰宅することが出来た。 嗚呼、疲れた。
プロフィール

おおすみ

Author:おおすみ
WHAT'S NEWへようこそ!
最近思ったこと、感じたこと、昔の印象に残る出来事を素直にブログとして公開します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR